ドラマ&映画 カテゴリ

岡田結実、ドラマ“初出演”にして“初主演”に家族も応援

 バラエティー番組、CM、イベントで活躍中のタレント・岡田結実(17)が、テレビ朝日系新ドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』(今春放送)でドラマ“初出演”にして“初主演”することが明らかになった。「チャンスをいただいたからには全力で取り組もう」という決意を語り、「生涯忘れられない作品になるだろうなという確信があります。誰よりも楽しんで、誰よりもこのドラマに浸りたい! 皆さんの心を動かす作品になったらいいな」と意気込みを語っている。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、“どんでん返しの帝王”と称されるミステリー作家・中山七里氏の同名小説。岡田は映画『傷だらけの悪魔』(2017年)に出演したことはあるものの、ドラマは初挑戦。実年齢より少し年上の19歳、法学部で学ぶ大学2年生・高遠寺円(こうえんじ・まどか)に扮し、警視庁捜査一課刑事とバディを組んで、元裁判官である円の祖母・静(しずか)の援護を受けながら事件の謎を解いていく。

 岡田は、「小さい頃から俳優に憧れていた兄(俳優の岡田隆之介)の姿を見てカッコいいなと思っていたので、私もいつか女優として映画やドラマに出演できたらという夢を抱いていました。今回、夢に一歩近づくことができ、うれしかった」といい、ドラマ初主演を家族も喜んでいるという。兄・隆之介には台本の読み合わせを手伝ってもらい「ダメ出しされすぎて、自信がグニャグニャに曲がってしまいました(笑)」と明かす。

 「ひとりで考えているとせりふの言い方も凝り固まってしまうけれど、誰かと読み合わせするとこんなにも変わるものなのだということを、お兄ちゃんやお母さんに教えてもらいましたね。兄からは“自分なりにせりふの言い方を準備していくのもいいけど、現場に入ったときの空気感を読み取らなければ、浮いた演技になっちゃうよ”と言われて、納得でした!」と、準備万端だ。

 円とバディを組む捜査一課刑事・葛城公彦を演じるのは、要潤。円の先輩・篠田あやみ役で内藤理沙が出演。円が敬愛する“静おばあちゃん”こと高遠寺静を草笛光子が演じる。

 ドラマは1話完結形式で、全2話。第1話は、神奈川県警の警察官が射殺され、葛城の元上司でもある刑事が容疑者として浮上した難事件に挑む。第2話は、ド派手ファッションの資産家女性が殺害された事件の謎をひも解いていく。

 第1話ゲストに、柳沢慎吾、五代高之、温水洋一田中健。第2話ゲストに、大後寿々花茅島成美、高杉亘、鳥居みゆきなべやかん栗山航が決定している。

関連写真

  • 岡田結美がドラマ初出演で初主演『静(しずか)おばあちゃんにおまかせ』テレビ朝日系で今春放送(C)テレビ朝日
  • 家族も応援(C)テレビ朝日
  • 中山七里氏原作の『静おばあちゃんにおまかせ』(文春文庫)
  • 岡田結美がドラマ初出演で初主演『静(しずか)おばあちゃんにおまかせ』テレビ朝日系で今春放送(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる