アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 綾野剛、宮藤官九郎と初タッグ 映画『パンク侍、斬られて候』6・30公開

綾野剛、宮藤官九郎と初タッグ 映画『パンク侍、斬られて候』6・30公開

 俳優の綾野剛が、町田康氏の小説を映画化する『パンク侍、斬られて候』(6月30日公開)に主演することが7日、わかった。脚本はNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』や、2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』を手がける宮藤官九郎、監督は『狂い咲きサンダーロード』(1980年)や、『爆裂都市 BURST CITY』(82年)などの石井岳龍氏。カメラマンであり映画監督でもある紀里谷和明氏が、綾野演じる主人公・掛十之進(かけ じゅうのしん)を撮り下ろしたイメージビジュアルが初公開された。

 綾野演じる主人公・十之進は、“超人的剣客”にして“テキトーなプータロー侍”。自らが蒔いた種よって生まれる大惨事に七転八倒する、喜怒哀楽と活劇が入り混じる難役だ。

 原作は、江戸時代を舞台にしながらも、今っぽい口語による滑稽な会話の応酬、次から次へと登場する特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開などが特徴。町田氏は「私の小説を石井さんが撮る。このことに特別な感慨があります。人の脳に束の間浮かんでは消える幻のごとき瞬間の連鎖、を石井さんはスクリーンに顕現させてくれました。小説作者としてこんなうれしいことはありません」と映画化を喜んでいる。

 宮藤の脚本作品に初参加した綾野は、「宣伝不可能な作品が生まれようとしています。もう後戻りできません。皆さまの新たなDNAが必ず覚醒爆発する事でしょう。その後の責任は持てません。パンク侍ですから」とコメント。

 宮藤は「真面目に生きていれば良い事があるもんです。憧れの石井組の一員になれました。しかも町田康さんの『パンク侍、斬られて候』。これはもう、長年秘かに夢想し続けていた『爆裂都市2』への布石になるのでは?と勝手に興奮しましたが、脚本を書き、現場へお邪魔し、ラッシュを拝見して“これが『爆裂都市2』でも良いかもしんない”とすら思いました」と手応え十分。「もし中3か高1でこの映画に出会ってたら人生狂わされていたに違いない。そんな“映画の暴動”です!」と語った。

 そのほか、特撮監督として『シン・ゴジラ』(16年)の尾上克郎氏、美術に『クローズ ZERO』(07年)シリーズ、『十三人の刺客』(10年)の林田裕至氏、キャラクター・デザイン/衣装デザインには『信長協奏曲』(16年)や『銀魂』(17年)の澤田石和寛氏が参加する。



オリコントピックス