ドラマ&映画 カテゴリ

『BG』主人公の息子役・田中奏生が12歳のバースデー 木村拓哉からのプレゼントは?

 テレビ朝日系木曜ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(毎週木曜 後9:00)で、木村拓哉演じる主人公・島崎章の息子・瞬を演じている田中奏生が先月25日に12歳の誕生日を迎え、先日、撮影現場で祝福セレモニーを開催した。

 リハーサルが一段落したところで、木村とスタッフがバースデーソングを歌ってお祝いするというサプライズ。田中はサッカーが大好きということで、サッカーボールをかたどったケーキが用意されていた。さらに、木村から「(4月から)中学に入ったらシャープペンシルを使えるようになるらしいので、ちょっと早いけど…」と、高級シャープペンシルがプレゼントされ、田中は素直に喜びを爆発させていた。

 子役からドラマ・映画・CMで活躍してきた田中と木村は2012年にフジテレビ系で放送された木村の主演ドラマ『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』で共演して以来、約5年ぶりの再会・再共演。田中は「(前の共演は)まだ小学校1年生くらいで、すごくはしゃいでいた気がします。5年経ってもう一度共演できて、成長したなって思ってもらえたらうれしいです」と話していた。

 劇中で田中が演じる瞬は思春期真っ只中。父である章にも冷たい態度をとっている。ただ、田中本人はまだ思春期を迎えていないそうで、試行錯誤しながら演じているのだとか。撮影の合間には“好きな食べ物”の話などをしながら、木村とともに楽しく撮影に臨んでいることを明かしていた。

 撮影現場でこんなサプライズが用意されているとは思ってもみなかったようで、「びっくりした」と「すごくうれしい」を繰り返していた田中。最後には「これからもみなさんに“いいな”と思ってもらえる俳優さんになりたいです!」と、今後の抱負を語っていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる