• ホーム
  • 芸能
  • 山本耕史主演、NHKでは40年ぶり『鳴門秘帖』連ドラ化

山本耕史主演、NHKでは40年ぶり『鳴門秘帖』連ドラ化

 “国民文学作家”とも称された吉川英治(1892−1962年)の代表作で、何回も映画化・ドラマ化されてきた『鳴門秘帖』(なるとひちょう)が、俳優・山本耕史主演で新たに映像化される。NHK・BSプレミアムの「BS時代劇」(毎週金曜 後8:00〜8:43)で4月より、全10回放送。NHKでは、40年前の1977年に田村正和主演でドラマ化して以来となる。

 幕府転覆計画を記したとされる鳴門秘帖を手に入れるため、阿波二十五万石への侵入を試みる虚無僧姿の美剣士・法月弦之丞(のりづきげんのじょう)と女スリの見返りお綱。江戸から大阪、そして阿波(徳島)へ。2人に次々と襲いかかる刺客たち。ロードムービー感覚のスパイアクションと、波乱のラブストーリーが展開される、新しい装いをこらした『鳴門秘帖』になるという。

 山本のほかに、野々すみ花早見あかり袴田吉彦渡辺大武田真治篠井英介田村亮萬田久子中村嘉葎雄などが出演。語りは講談師の神田松之丞が務める。



オリコントピックス