ドラマ&映画 カテゴリ

MONDO GROSSO新曲ボーカルはBiSHアイナ・ジ・エンド 大沢伸一絶賛の表現力

 昨年14年ぶりに活動を再開した大沢伸一のソロプロジェクト・MONDO GROSSOの新曲「偽りのシンパシー」のボーカリストに、女性6人組グループBiSHアイナ・ジ・エンドが抜てきされたことが16日、わかった。吉岡里帆主演ドラマ『きみが心に棲みついた』(毎週火曜 後10:00 TBS系)の第1話で挿入歌として初オンエアされ、伏せられていたボーカルも明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 2016年5月にメジャーデビューしたBiSHは、17年7月に千葉・幕張メッセイベントホールでの単独ライブを成功。今年5月22日には横浜アリーナ公演も決定しており、快進撃を続けている。メインボーカルのアイナ・ジ・エンドはパワフルで深みのあるハスキーボイスでアーティストやメディアのシンパも多く、今回MONDO GROSSOの新曲ボーカリストに抜てきされた。

 アイナは母親が大沢伸一の大ファンで、幼い頃からMONDO GROSSOの音楽を聴いていたという。2015年のBiSH結成当初から「いつかソロで歌えることがあったら、MONDO GROSSOにプロデュースしてもらいたい」と熱望していたという逸話もあり、念願かなっての抜てきとなった。

 大沢は「彼女の楽曲に対するボーカル表現力は想像以上で、新鮮な驚きと喜びをもらいました」と称賛。「連続テレビドラマの挿入歌を担当するのも初なので楽しみ」とのコメントを寄せた。YouTubeでは45秒のティザー動画が公開された。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • MONDO GROSSOの新曲ボーカルに抜てきされたBiSH のアイナ・ジ・エンド
  • 吉岡里帆主演TBS系『きみが心に棲みついた』ポスタービジュアル
  • TBS『きみが心に棲みついた』ビジュアル
  • BiSH

オリコントピックス

メニューを閉じる