• ホーム
  • 芸能
  • 戦隊シリーズ史上初、レッドが2人 怪盗VS警察VS悪の組織の三つ巴バトル

戦隊シリーズ史上初、レッドが2人 怪盗VS警察VS悪の組織の三つ巴バトル

 2018年、スーパー戦隊の歴史が大きく動く。2月11日にスタートする新しいスーパー戦隊シリーズ(第42作)の内容が発表された。タイトルは『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(毎週日曜 前9:30〜10:00)。物語の中心には2人のレッドがいて、それぞれがリーダーを務める「快盗戦隊」と「警察戦隊」が登場。テレビシリーズ史上初となる“W戦隊”がお宝をめぐって火花を散らす一方で、悪の組織とも戦う三つ巴のバトルを、一年かけてスリリングかつ劇的に描く。

 1975年のシリーズスタート以来、時代とともにさまざまなモチーフを作品に取り込み、シリーズ毎に魅力的なヒーロー&ヒロインを世に送り出してきたスーパー戦隊シリーズ。40年を超える歴史の中で、一貫していたのは「正義のレンジャー」対「悪の組織」という構図だ。

 この偉大なるマンネリから脱却すべく、新シリーズでは史上初めて2つのスーパー戦隊が最初から登場し、対照的なヒーロー同士がぶつかり合うW戦隊ならではのスリリングな「VS」劇を展開する。さらに、異世界から現れた犯罪集団・ギャングラーが共通の敵として立ちはだかり、「戦隊VS戦隊VS悪の組織」というこれまでにない三つ巴のバトルパターンが登場。スーパー戦隊新シリーズが、新境地に踏み出す。

 2つの戦隊は、稀代の快盗アルセーヌ・ルパンが残した宝物=ルパンコレクションをめぐって激突。人類を繁栄させることも、滅ぼすこともできる特殊な力を秘めたコレクションアイテムは現在、異世界から現れた犯罪集団「ギャングラー」の手に落ちており、戦うべき相手は同じだが、コレクションの回収をめぐってはポリシーの違いから決して手を結ぶことができないのが、「快盗」と「警察」の宿命。6人の若者は互いに互いを宿敵であることを認めつつ、ある時は共に戦い、ある時は銃を突きつけ合う。

 快盗側の「ルパンレンジャー」は、パッと見チャラい系で普段は一般人に身をやつすルパンレッド(赤)、ルパンブルー(青)、ルパンイエロー(黄)の3人組。義賊として民衆から英雄視されており、ギャングラーに奪われた宝物“ルパンコレクション”をとり戻すべく戦いに身を投じていく。

 警察側の「パトレンジャー」は、国際特別警察機構・戦力部隊として、ギャングラーの殲滅(せんめつ)のために戦う。犯罪ゼロを目指す熱血でマジメなパトレン1号(赤)をリーダーに、パトレン2号(緑)、パトレン3号(ピンク)とトリオで活動する。

 過去にない劇的な進化を遂げるスーパー戦隊シリーズ最新作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。出演者は後日発表される。



関連写真

  • 史上初のレッドが2人! 左側が警察戦隊パトレンジャー、右側が快盗戦隊ルパンレンジャー(C)2018テレビ朝日・東映AG・東映
  • 2018年2月スタートのスーパー戦隊シリーズ42作目は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』史上初のレッドが2人!(C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

オリコントピックス