• ホーム
  • 芸能
  • 長谷川博己、「映画以上」のスケールに感嘆 1000人規模のエキストラ動員

長谷川博己、「映画以上」のスケールに感嘆 1000人規模のエキストラ動員

 俳優の長谷川博己が、来年1月2日に放送されるTBS系ドラマスペシャル『都庁爆破!』(後9:00)の合同インタビューに参加した。都庁が爆破され、テロリストに占拠されるという異常事態を描いた同ドラマで、長谷川が演じるのは家族を人質に取られ都庁潜入を試みる主人公の元自衛官・本郷裕二。パニックに陥った東京を表現すべく1000人規模のエキストラを用意した大規模ロケも行われ、長谷川は「スケールが映画以上なんじゃないか」と自信を込めた。

【写真】その他の写真を見る


 作家・高嶋哲夫氏の原作小説を読んだという長谷川は「これをお正月にドラマ化するのはすごいなと思う」と“都庁爆破”というテーマや危機管理描写のリアリティに率直に驚いたそう。伊與田英徳プロデューサーは長谷川主演の連ドラ『小さな巨人』以来の再タッグとなるが、「あれだけの人を集めてダイナミックなシーンを遠慮なくやられるのは伊與田さんの組ならではですよね。毎回すごいなと思います。テレビの力ってやっぱり大きいなという気がします」と感嘆していた。

 そしてなんといっても「アクションは楽しい」と語る緊迫感のあるシーンもみどころに。劇中では米国国防総省の担当情報次官の友人・ケイン高村(吉川晃司)とタッグを組むこととなるが「以前から交流があったでそういう打ち合わせはしやすかった。僕はミュージシャンとしての吉川さんがずっと好きでして。ですが、ここはドラマの現場ですし、そういうことよりもお互い俳優として対等な立場で接したいと思っていました。吉川さんも懐の深い方なのでいろいろ話すことができた」と真摯に挑んだアクションシーンのコンビネーションにも期待が高まる。

 本郷は果敢にテロリスト集団に立ち向かう反面、実はPKO活動中に起きた事故により心に傷を負い、本来の職務から離れた過去を持つ人物。「そのつらい過去がたまにフラッシュバックする感覚、情景が浮かんで恐怖が蘇る芝居はなかなか難しかったです」と本郷の“弱さ”を垣間見せる芝居もあり、「普通の人間らしさを出すのが、今回のチャレンジでした」とキャラクターをより深堀することにこだわったそう。

 スリリングでシリアスな芝居が続くかと思いきや「“お正月”の作品なのでどうユーモアとのバランスをとるのが難しいですね。どうコントロールしてゆるんでもらうのか…」とそのさじ加減も一つの見どころになっています。ハラハラドキドキもしますけど家族で観られる作品、お年寄りから子供まで楽しめる作品を目指しています」と掲げていた。



関連写真

  • 来年1月2日に放送されるTBS系ドラマスペシャル『都庁爆破!』(後9:00)主演の長谷川博己 (C)TBS
  • 来年1月2日に放送されるTBS系ドラマスペシャル『都庁爆破!』(後9:00)主演の長谷川博己 (C)TBS

オリコントピックス