ドラマ&映画 カテゴリ

笛木優子、これまで演じた悪女の中で「一番ひどい…」 『新・ミナミの帝王』出演

 女優の笛木優子が、カンテレ制作、千原ジュニア主演のドラマ『新・ミナミの帝王』のシリーズ第14作「得する離婚、損する離婚」(2018年1月6日 後4:00)に出演することが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがないのが自慢で、借金はどんな手を使ってでも取り立てることから「ミナミの鬼」と恐れられている大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎(ジュニア)が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいくヒューマンドラマ。

 第14作で笛木が演じるのは、銀次郎に長年出資していた資産家の妻の矢崎かほり。金に目がなく、財産目当てで矢崎と結婚したものの、別の男と不倫しているというまさに“悪女”。

 これまでに何度も悪女を演じてきた笛木だが、かほりについては「一番ひどい…」と苦笑。しかし、女優として演じ甲斐がある役と感じたようで「“結構救いようのない悪女だな”というのが印象だったんですけど、演じる方としては色々見せ所があるしやりがいもあるので、そういう意味ではすごく魅力的な役だし、私はすごく良かったです」。初共演となったジュニアの印象は「すごく圧倒されました。演技じゃなくて本気でにらまれたら、怖いですよね。演技だからいいけど、超こわかった!」と、話していた。

 翌週13日(後3:00〜4:30)には、小芝風花が裏の世界に生きる“謎の女”を演じるシリーズ第15作『新・ミナミの帝王 ニンベンの女』が放送される。

関連写真

  • カンテレ『新・ミナミの帝王』第14作「得する離婚、損する離婚」(2018年1月6日放送)“救いようのない”悪女を演じる笛木優子(C)カンテレ
  • DV夫・鉄男(加藤虎ノ介)と不倫するかほり(笛木優子)(C)カンテレ
  • 東京の闇金業者・大村伸治(加藤啓)と密かに接触し何かを企んでいるかほり(笛木優子)(C)カンテレ
  • カンテレ『新・ミナミの帝王』第14作「得する離婚、損する離婚」(2018年1月6日放送)“救いようのない”悪女を演じる笛木優子(C)カンテレ
  • カンテレ『新・ミナミの帝王』第14作「得する離婚、損する離婚」(2018年1月6日放送)“救いようのない”悪女を演じる笛木優子(C)カンテレ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索