• ホーム
  • 芸能
  • 遠藤憲一、痴漢えん罪のサラリーマン役 『白日の鴉』ドラマ化

遠藤憲一、痴漢えん罪のサラリーマン役 『白日の鴉』ドラマ化

 俳優の伊藤淳史遠藤憲一寺尾聰が演じる、警察官・痴漢の罪を着せられたサラリーマン・弁護士が、塀の外と中で「悪魔の証明」と言われるえん罪の立証に挑むスペシャルドラマ『白日の鴉(はくじつのからす)』がテレビ朝日系で来年1月11日(後8:00)に放送される。

 原作は、2015年に発表された福澤徹三氏の警察小説。08年に『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。14年には『東京難民』が映画化、16年には連続ドラマとして『侠飯(おとこめし)』が映像化された気鋭の作家で、本作が福澤氏にとっては初のスペシャルドラマとなる。

 物語は、起訴されれば99.9%有罪となるこの国で、「被害者の証言だけで有罪になる」痴漢の罪を着せられ、塀の向こうに送られたサラリーマンと、えん罪を晴らすために塀の外で格闘する新人巡査と老弁護士。仕組まれたえん罪、水面下での極秘捜査、そして0.1%の可能性にかけた法廷闘争、二転三転しながら予想外の結末へと突き進む3人の男たちの熱い闘いを徹底したリアリティーと緊迫感で描く。一介のサラリーマンはなぜ、えん罪の罠に陥れられたのか? やがて、虚飾で彩られた悪の存在を白日の下に晒していく。

 刑事にヤクザ、気弱な外科医などさまざまな役を演じてきた遠藤でも「えん罪に巻き込まれる役は今回が初めて」といい、「やるからにはとことん入り込んで演じたいと思っていたところ、お相手がこのお二人だと聞いて、これは結構やるとこまでやっても大丈夫だぞと。伊藤君のユニークな温かさと、寺尾さんの硬質なやさしさがあれば、ただストーリーを追うだけじゃない奥深い空気が出るんじゃないかと思って、頑張ろうと思いました」と意欲。

 寺尾は「僕にとってテレビドラマは主役の存在が大きい。誰が主役?あ、だったら出てもいいとか、出たくないとか(笑)。伊藤君とは今回初めて一緒になったけど、面白そうだなというのがあった。3人の男の関係もとても良く書けているし、いいドラマになるという予感があって参加しました」と話している。

 「現場の雰囲気はすごくいいです」と伊藤。そのムードを作りの真ん中にいるのが、伊藤だ。遠藤は「伊藤君とは絡むと必ず吹いちゃう(笑)。お互いがね」。寺尾も「伊藤君とはお芝居の話よりもっぱらゴルフの話をしてる(笑)。遠藤君じゃないけど、僕も吹いちゃうから演技は極力絡みたくないな(笑)」と、冗談が言えるほど愛されている。

 「寺尾さんとは今回が初めてで最初はちょっと緊張していたんですが、役作りから共通の趣味のゴルフの話までいろいろお話ししてくださって、勉強になることが多く毎日充実しています。遠藤さんとはそんなに絡みがないんですが、数日でも濃密な時間を過ごせてます(笑)」と話している。



オリコントピックス