アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 篠田麻里子、今年の仕事始めは車でラブシーン「覚悟を決めた感じがした」

篠田麻里子、今年の仕事始めは車でラブシーン「覚悟を決めた感じがした」

 女優の篠田麻里子(31)が9日、都内で映画『ビジランテ』の公開初日舞台あいさつに登壇。今年の仕事始めが同映画のラブシーンだったことを明かし、観客を驚かせた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどで知られる入江悠監督(38)が、地元・埼玉の深谷市を舞台にしたオリジナル作品。別々の道、世界を生きてきた三兄弟が父親の死をきっかけに再会し、逃れられない運命に翻弄される姿が描かれる。大森南朋(45)、鈴木浩介(43)、桐谷健太(37)が兄弟を演じ、トリプル主演を務めている。

 桐谷は「僕、感極まってます。代表作になりました。こんなに絶望的にかっこいい作品を撮ってくれた入江監督に感謝ですね」としみじみ。そんな桐谷に対し、鈴木は「『絶望的にかっこいい』っていうフレーズをすげー気に入っているよね」とイジり、大森も「しっくり来てる?」と鈴木に確認を取るなどして笑わせ、トリオの仲のよさを見せた。

 そんな中、鈴木と篠田が車の中で行ったラブシーンが話題に。大森は「どうだった、あのシーン?」と聞けば、鈴木も「篠田さん、どうでした?」とセクハラ気味に質問。篠田は「あのシーンが2017年の仕事始めだった。クランクイン初日で、1月4日でしたね」と振り返った。鈴木も「そんな年はない」と同意して笑わせた。篠田は鈴木を「優しいし、包容力もある。初日に、そのシーンだったんで、その時点で夫婦になれた。覚悟を決めた感じがした」と監督の意図に感謝した。

 篠田は男を手玉に取るという役柄。大森は「そういう女性は怖い。僕も、まぁまぁ年なので、そういう経験がなくもない。ここで知らんぷりもできない」と語りだし「女の人は難しい、怖い相手だと思っております」とこれまでの経験を思い出したのか、ぽつり。一方で鈴木は「楽っちゃ楽。手のひらで転がされていればいい」と対照的な見解を語っていた。

 また、真冬の川の中で撮影も行った。大森は「個人的につらかったのは雪の降る中での川のシーン。心臓止まっちゃったら、どうしようと。責任取ってくれるのかなとか、ギャラいくらだっけなとか考えた」と苦笑い。鈴木も「川の中のシーンで温度だったり、綿密なリハーサルをした。10分なら大丈夫という結論になった」と裏話を明かしたが「3分で無理ですよ。あそこを10分OKという監督に、ちょっと…。最初に大森さんに頭を(川に)入れられるんですけど、正直、あのとき全部が無音になった。不思議な状態。あれを10分と、なぜ考えられたんだ!」と抗議して笑わせた。



関連写真

  • 映画『ビジランテ』初日舞台あいさつに登壇した篠田麻里子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)篠田麻里子、鈴木浩介、大森南朋、桐谷健太、入江悠監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビジランテ』初日舞台あいさつに登壇した鈴木浩介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビジランテ』初日舞台あいさつに登壇した大森南朋 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビジランテ』初日舞台あいさつに登壇した桐谷健太 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス