• ホーム
  • 芸能
  • 満島真之介、姉・ひかりと同じ連ドラに初出演 『監獄のお姫さま』で沖縄の検事役

満島真之介、姉・ひかりと同じ連ドラに初出演 『監獄のお姫さま』で沖縄の検事役

 俳優の満島真之介が、TBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜 後10:00)の第9話(12日放送)に出演することが明らかになった。姉で女優の満島ひかりと初めて同じ作品(連続ドラマ)に出演することになる。

【写真】その他の写真を見る


 真之介が演じるのは、しのぶ(夏帆)の“爆笑ヨーグルト姫事件”裁判の担当検事・金城。事件の公判が行われた裁判所で、しのぶとプリンス(ナリット)が犯行に及んだとされる証拠をしのぶに突きつける。

 沖縄出身で高校まで沖縄で暮らしていた真之介は「(姉の)ひかりより沖縄なまりが強い」といい、沖縄での裁判シーンのため沖縄なまりを前面に出すか事前に監督と打ち合わせ、撮影前には「沖縄なまりで演技すると思ったら、かえって緊張しています」と語っていた。



関連写真

  • TBS『監獄のお姫さま』に出演する満島真之介(左) (C)TBS
  • TBS『監獄のお姫さま』に出演する満島真之介 (C)TBS

オリコントピックス