• ホーム
  • 芸能
  • ブラマヨ小杉、「なんで俺を使えへんねん!」売り込み実りテレビドラマ初出演

ブラマヨ小杉、「なんで俺を使えへんねん!」売り込み実りテレビドラマ初出演

 お笑いコンビ・ブラックマヨネーズ小杉竜一が、カンテレのドラマ『大阪環状線 Part3ひと駅ごとのスマイル』(2018年1月16日スタート、毎週火曜 深0:25〜0:55※関西ローカル)の「京橋編 逃げんな、あほ!」(2月13日放送)に出演することが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 映画に出演したことはあったものの、今回がテレビドラマ初出演。「大阪環状線」シリーズは、2016年1月〜3月に第1弾、17年1月〜3月に第2弾が放送され、事務所の先輩である矢野・兵動兵動大樹と後輩のアジアン馬場園梓が出演していることを知った小杉は、「なんで俺を使わへんねん!」とドラマプロデューサーに猛烈アピールを続け、その努力(?)が実って出演の夢がかなったという。

 同シリーズは、関西の交通の要であるJR大阪環状線の各駅を舞台にした1話完結のオムニバスドラマ。第3弾となる今回のテーマは「笑顔(スマイル)」。環状線各駅を舞台に“大笑い”から“泣き笑い”まで恋愛・友情・家族愛などさまざまな人間ドラマを描く。

 「京橋編」は、ロックバンド・黒猫チェルシーのボーカルで俳優としても活躍する渡辺大知と、劇団Patchの松井勇歩が主演。10年前ミュージシャンとしての成功を夢見て上京したきり音信不通だったが、ある事情で京橋に突然戻ってきた兄・景山信之(渡辺)と、堅実にサラリーマンとして働き、彼女にプロポーズをする予定の弟・輝之(松井)。対照的な兄弟の物語。

 小杉が演じるのは、信之の行きつけだった居酒屋の店主で、10年ぶりの兄弟の再会を見守る役どころ。頭にハチマキを巻き、いかにも“居酒屋店主”らしい衣装に身を包んだ小杉は、「ドラマの現場はどういう風に撮影するかを知らないので、すごい新鮮な気持ちと不安な気持ちでいっぱいです」と初めてのドラマ現場に少し緊張していた様子。

 指笛が得意な小杉のために監督が指笛を吹くシーンを用意したのだが、リハーサルではスーっと気の抜けた音が出てしまい、恥ずかしそうに周囲を和ませたり、松井が「おっちゃんいくら?」と会計をするシーンでは、アドリブで「200円やで」と小杉がボケて、松井が「安っ!」とツッコむやり取りも。

 「京橋を舞台にした兄弟2人のドラマに花を添えられればなと思います。刺身盛り合わせの菊の花のようにね。見てる人が“小杉出てきた!”ってなって2人の世界観を壊せへんように。“いい味出してる居酒屋の店主おるなー”って思ったら、“あれ小杉やったんや!”っていう感じに、小杉が全面に出ないことだけが願いです」と完成を楽しみにしていた。



関連写真

  • ブラックマヨネーズ・小杉竜一、ドラマ『大阪環状線Part3 ひと駅ごとのスマイル〜京橋編 逃げんな、あほ!』(2018年2月13日深夜放送)出演(C)カンテレ
  • 得意の指笛を披露するシーンも(C)カンテレ
  • “刺身盛り合わせの菊の花”を目指した小杉の芝居に注目(C)カンテレ
  • ブラックマヨネーズ・小杉竜一、ドラマ『大阪環状線Part3 ひと駅ごとのスマイル〜京橋編 逃げんな、あほ!』(2018年2月13日深夜放送)出演(C)カンテレ

オリコントピックス