• ホーム
  • 芸能
  • ムロツヨシ、吉岡里帆初主演ドラマに出演 ユーモラスな漫画家役 追加キャスト発表

ムロツヨシ、吉岡里帆初主演ドラマに出演 ユーモラスな漫画家役 追加キャスト発表

俳優のムロツヨシが、来年1月にスタートする女優・吉岡里帆主演のTBS系連続ドラマ『きみが心に棲みついた』(毎週火曜 後10:00)に出演することがわかった。主人公・今日子(吉岡)と仕事を通じて知り合う漫画家・スズキ次郎を演じる。そのほか追加キャストとして、石橋杏奈鈴木紗理奈瀬戸朝香らが出演することも決定した。

 同ドラマは、天堂きりん氏による原作コミック(祥伝社『FEEL YOUNG』で連載中)をもとに、自己評価の低いあまり挙動不審になってしまうOLの小川今日子、通称“キョドコ”が、マンガ編集者で優しく誠実な“いい男”吉崎幸次郎(桐谷)と、自分への好意を盾に今日子をひどく傷つけようとする大学時代の先輩・星名漣(向井)の間で揺れ動く様を描く一風変わった三角関係ラブストーリー。

 物語は三角関係を軸に、今日子が真摯に仕事に取り組む様もみどころの一つ。ランジェリーメーカーで下着に使われる材料を調達・選別する部署で働く今日子は、普段はオドオドとしてしまうものの、生地などの素材を目の前にすると人が変わったようにきびきびと動き始めるという。

 そんな彼女を取り巻くキャラクターとして、石橋は今日子と同じ材料課に在籍し、社内での評価が今日子より高い同期社員・飯田彩香に起用。デザイナーとしての能力が高く、関西弁で厳しい意見を言う八木泉には、関西出身であり、今年7月にはスペイン・マドリード国際映画祭で「最優秀外国映画主演女優賞」を受賞した鈴木、八木の同期で同じデザイナーとしてのライバルでもあり、今日子の能力を認めかわいがる姉後肌の先輩・堀田麻衣子を瀬戸朝香が演じる。

 またムロ演じるスズキは、漫画編集者である吉崎が担当する漫画家で、自身の漫画に生かすため今日子の会社に取材に訪れることもある、ユーモラスな部分のある人物となっている。

 彼女たちが仕事面だけではなく、星名にアプローチをかけるなど、今日子らの恋愛面においても、ただでさえ複雑な三角関係をさらにかき乱すことに。一筋縄ではいかないラブストーリーを盛り上げていく。



オリコントピックス