• ホーム
  • 芸能
  • 林家正蔵、『ドクターX』患者役でげっそり 米倉涼子の目力に「ゾクゾクした」

林家正蔵、『ドクターX』患者役でげっそり 米倉涼子の目力に「ゾクゾクした」

 落語家の林家正蔵が、テレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(毎週木曜 後9:00)第8話(30日放送)に患者役でゲスト出演する。「根治手術は不可能とされる病を患い、死を覚悟した元大臣秘書官」という役設定と、初登場時のインパクトを狙って、「ちょっと体重を落とし」て撮影に挑んだというが、見事にげっそり痩せた姿で登場する。

 正蔵は「役者としてどうしても出たかった作品が『ドクターX』なんです。出演が決まったときは、ものすごいごほうびをいただいたような気分でした」と大興奮。「夢がかなって、本当に幸せです」と役作りにも気合が入った。

 夕方5時以降は食事を控え、ダイエットに励んだ結果、「ほかの現場でみんなに『大丈夫? 具合悪くない?』と心配されたんですけど、『大丈夫! 僕には大門先生がついているから』と答えた次第です(笑)」。

 フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)の印象は「とにかくカッコいいです。ドキドキしちゃったよ! すてきですなぁ…」とデレデレ。未知子が「私に切らせて」というシーンでは「言われた瞬間にゾクゾクッとしました。『きれいな目だなぁ、目力がスゴいなぁ!』と!」と震えるほど感動したという。

 『ドクターX』の名ぜりふ「私、失敗しないので」にちなんで、“絶対に失敗しない特技”を尋ねると、「私は落語でも芝居でも失敗だらけ!」と返答。「落語では失敗しないようにしたいんですけどねぇ…」と苦笑いしながらも、「失敗だらけで、どうもすいません(笑)」と、お家芸を織り交ぜた“失敗しないオチ”で、スタッフ一同を笑わせていた。撮影が終わったら、「思いっきりトンカツを食べたいです!」と話していた。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第8話(11月30日放送)患者役でゲスト出演するため、げっそり痩せて役づくりした林家正蔵(C)テレビ朝日
  • 第8話より、大門未知子(米倉涼子)が「私に切らせて」と言い放つシーン(C)テレビ朝日

オリコントピックス