• ホーム
  • 芸能
  • 稲村亜美、来年の目標はスポーツキャスター「ぜひ、挑戦してみたい」

稲村亜美、来年の目標はスポーツキャスター「ぜひ、挑戦してみたい」

 タレントの稲村亜美が21日、都内で行われたアイシン精機『ASLEEP(アスリープ)』初のコンセプトショップ『ASLEEP CONCEPT SHOP COCON AOYAMA(ココンアオヤマ)』記者発表会に出席。“繭(まゆ)の妖精”をイメージした衣装で姿を現すと「普段なかなか着ないので、恥ずかしいですね」と照れ笑いを浮かべた。

 “神スイング”が話題となった稲村は、男子顔負けの野球センスで各球場の始球式に次々と登場。今シーズンは10球団の始球式に登板し、夢の12球団制覇へ残すは広島東洋カープと読売ジャイアンツのみとなったが「来シーズンはぜひ、巨人と広島でも投げたいです」と意欲をにじませた。

 そんな大活躍の一年を、毎年恒例の「漢字一字で表すと?」との質問を受けると「すごくいい年だったし、眠りも良かったので『良』ですね」とアピール。来年の目標についても「ニュース番組のキャスターをやってみたいです。東京オリンピックが2020年にあるので、それに関する番組ですとか、そういった(アスリートの)生の声を聞いてみたいので、ぜひ挑戦したい」と言葉に力を込めていた。

 あさって23日より、東京・港区の「Aoビル」でオープンする同店では、ASLEEP独自の樹脂弾性素材「FINE REVO(ファインレボ)」を内蔵した「ファインレボマットレス」を体感できるなど、商品に関する最新の情報やコンテンツを提供する。



関連写真

  • 始球式12球団制覇への意欲もみせた稲村亜美 (C)ORICON NewS inc.
  • “繭(まゆ)の妖精”をイメージした衣装で登壇した稲村亜美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス