ドラマ&映画 カテゴリ

三浦春馬&城田優、“イチャイチャ”仲良しオフショットを公開

 俳優の三浦春馬が主演するテレビ朝日系ドラマ『オトナ高校』(毎週土曜 後11:05〜11:59)の第4話(11日放送)のラストに“入学”してきた、総理大臣の童貞息子、岩清水叶を演じる城田優。第5話(18日放送)にも出演し、大暴れ(?)する。実は、三浦と城田は大の仲良し。そんな2人の仲良しオフショットが公開された。

【写真】その他の写真を見る


 城田がクランクインした日から、2人は隙あらば、イチャイチャ。お互いにミュージカル経験が豊富なだけに、普通の会話をミュージカル風にしたり、童話を編曲してハモってみたり。城田が何か始めると、それに三浦が乗っかる形でふざけては爆笑していた2人。

 第5話で放送されるオトナ高校校歌の歌唱シーンでは、数日前から練習して「完璧に覚えた!」と喜んでいた三浦の隣で、城田がわざと音程や歌詞を変えて歌うなど、ちょっかいを出すひと幕も。「やめてくれ〜! せっかく覚えたのに台無しだ〜!!」と、抗いながらも楽しそうだった三浦。ある時には『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)の主人公・しんのすけのモノマネを始め、どちらが似ているか対決にまで発展したこともあった。

 しかし、城田はゲスト出演。一緒にいられる日々は駆け足で過ぎていき…。城田がクランクアップを迎える日、三浦と城田がこれまでのわちゃわちゃぶりから一転、今後について熱く語り合っている姿も見られた。すべての共演シーンを撮り終えた2人は「あっという間だったよね…」と、ハグし合い、名残惜しそうにしていた。

 同ドラマは、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。登場人物が“不倫”“引きこもり”“ED”“同性愛”などの悩みを抱えながらも、告白したり失恋したり、ピュアすぎる大人たちの、せつない恋愛模様が加速している。

 第5話の中心となる岩清水は、ほかでもないオトナ高校を創った総理大臣の息子。“王子”を自称する彼は、総理の御子息パワー全開でやりたい放題。百戦錬磨の教師陣の授業を次々とボイコットするわ、校則はガン無視するわ…と、オトナ高校の風紀をことごとく乱し、ついには学級崩壊!? 

 そんな折、英人と55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)は聞き捨てならない噂を耳にする。幼い頃からピアノ一筋の岩清水は、コンクールで出会った初恋相手を未だ思っているというのだ。真相を確かめようとする2人。果たして王子に隠された“切ないヒミツ”とは?

 その頃、オトナ高校では御子息ケアにかまけてペンディングにしていた、もうひとつの議題が本格的に持ち上がる。それはEDだと判明した権田と、同性愛者で英人に片思いしていることが判明した川本・カルロス・有(夕輝壽太)の処遇。そんな中、川本から恥じらいがちに体育館の裏へ呼び出された英人は、思いもよらなかった“初めての感情”に包まれる。

関連写真

  • 土曜ナイトドラマ『オトナ高校』隙あらばイチャイチャする三浦春馬と城田優(C)テレビ朝日
  • めでたく“卒業”?(C)テレビ朝日
  • 撮影現場でいつも一緒だった三浦と城田(C)テレビ朝日
  • 土曜ナイトドラマ『オトナ高校』隙あらばイチャイチャする三浦春馬と城田優(C)テレビ朝日
  • 土曜ナイトドラマ『オトナ高校』隙あらばイチャイチャする三浦春馬と城田優(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる