• ホーム
  • 芸能
  • 堤真一×岡田将生、『名刺ゲーム』競演シーンを公開 出演者も追加発表

堤真一×岡田将生、『名刺ゲーム』競演シーンを公開 出演者も追加発表

 俳優の堤真一が主演するWOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート、毎週土曜 後10:00、全4話※第1話無料放送)の場面写真が公開された。堤が演じるテレビ局の敏腕プロデューサー・神田達也と、岡田将生が演じる謎の男Xが【名刺ゲーム】で対峙する緊迫したシーン。堤と岡田の共演は、映画『プリンセス・トヨトミ』以来、約6年ぶりとなる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、放送作家の鈴木おさむ氏がエンタメ業界の裏側を描いた同名小説を、新たなヒューマン・サスペンスとしてドラマ化。人気クイズ番組のプロデューサーでヒットメーカーの神田(堤)は、見知らぬ地下のボイラー室で目覚める。首には謎の首輪がはめられていた。床には大量の名刺が散乱し、壁には同じ首輪をはめられた娘・美奈(大友花恋)が貼り付けられている。2人は密室に捕らわれてしまったのだ。

 そんな中、神田の前に突如として謎の男X(岡田)が現われる。Xが神田に仕掛けたのはタイムリミット2時間の【名刺ゲーム】。ルールは自分がもらった名刺を捜し当て、その持ち主に“正しく返す”こと。もし持ち主を間違えれば、自分か娘の首輪が爆発し、命を落とすという過酷なゲームだった。完全な密室で、美奈を救うために【名刺ゲーム】に挑む神田。だが、ゲームが進むにつれて、彼が犯した数々の非情な行ないと真の人間性が、次第に暴かれていく。

 世間を賑わす事件・騒動の舞台ともなりうる【テレビ業界/芸能界】。華々しい反面、番組制作の過酷さ、権力者の横暴、売れないタレントの末路といった【光】に隠れる【闇】に焦点を当て、エンタメ業界の第一線で活躍する鈴木氏にしか描けないリアリティーある物語を、スキャンダラスに描いていく本作。

 【名刺ゲーム】を通じてあらわになるのは、“勝者と敗者/強者と弱者の関係”という【エンタメ業界】に限らない“日本のビジネス社会の縮図”。年齢も性別も境遇も異なる登場人物たちが追いつめられる“極限のサスペンス”は“究極のヒューマンドラマ”となり、そして衝撃的なクライマックスを迎える。

 ほかに、落合モトキ柳ゆり菜河井青葉夏菜田口トモロヲ、ゲスト出演として堀部圭亮梶原善木下ほうか最上もがなどが出演する。監督は、『劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-』、ドラマ『民王』『99.9―刑事専門弁護士―』などの木村ひさし氏ほか。



関連写真

  • WOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート)で約6年ぶりに共演する堤真一(左)と岡田将生(右)(C)WOWOW
  • WOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート)テレビ局の敏腕プロデューサー・神田達也を演じる堤真一(C)WOWOW
  • WOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート)テレビ局の敏腕プロデューサー・神田達也を演じる堤真一(C)WOWOW
  • WOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート)場面写真(C)WOWOW
  • WOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート)場面写真(C)WOWOW
  • WOWOW『連続ドラマW 名刺ゲーム』(12月2日スタート)場面写真(C)WOWOW

オリコントピックス