• ホーム
  • 芸能
  • パク・ボゴム、12・24日本でファンミ「プレゼントになるような1日に」

パク・ボゴム、12・24日本でファンミ「プレゼントになるような1日に」

 韓国ドラマ『雲が描いた月明り』がテレビ東京で20日から放送されるのを記念して、主演の韓国俳優パク・ボゴムが来日。16日に都内で作品をPRした。

【写真】その他の写真を見る


 男として生きてきた孤独な“男装女子”と、一国の運命を背負う“ツンデレ王子”の禁断の恋物語を描いたシンデレラ・ラブコメディー。昨年8月から韓国のKBSで放送され、最高視聴率25.3%、同時間帯視聴率を独走するなど、大ブームを巻き起こした。パク・ボゴムもツンデレ王子役を愛きょうたっぷりに好演し、“国民世人(国民の王子)”の異名をとるほど、爆発的な人気を得て、一躍トップスターの座にのぼりつめた。

 パク・ボゴムは、「韓国の美しい韓服や故宮の景色を、日本の皆さんにも楽しんでいただけると思います。登場人物のそれぞれの背景にあるエピソードに注意していただけると、よりドラマを楽しんでいただけると思います」と、作品をアピール。

 自身が演じた王子イ・ヨンの見どころについては、「イ・ヨンは宮廷の内と外で、状況に応じて接する態度が少しずつ変化します。僕も注意しながら演じた部分ですが、その違いに気をつけながら見るともっと楽しめると思います。イ・ヨンは若くして世子になり、王になりました。その責任感、重圧感はどれほどだったか。本当にすごい人物だと感じました」と話していた。

 また、公式ファンクラブ発足記念のファンミーティングを12月24日に日本で開催することになり、「12月24日はクリスマスイブという特別な日ですよね。本来は家族とともに過ごす日でもある日に、ファンの皆さんはわざわざ時間を割いて会場へ来てくださるということで、本当に感謝しています。感謝の気持ちを込めて、その日のためにどんなステージにするか考えて準備をしているところです。みなさんにも期待をしていただき、多くの方に来ていただきたいです。思い出に残るような1日にしたいと思いますし、みなさんへのプレゼントになるような1日にしたいです」と、ファンにメッセージを送っていた。

 同ドラマは、11月20日よりテレビ東京・韓流プレミア枠(月〜金 前8:15〜9:11)で放送される。



関連写真

  • 韓国ドラマ『雲が描いた月明り』テレビ東京放送記念で来日したパグ・ボゴム
  • 12月24日に日本でファンミーティングを開催するパグ・ボゴム
  • 小さなナナナとフォトセッション
  • 韓国ドラマ『雲が描いた月明り』テレビ東京放送記念で来日したパグ・ボゴム
  • 韓国ドラマ『雲が描いた月明り』テレビ東京放送記念で来日したパグ・ボゴム
  • 韓国ドラマ『雲が描いた月明り』テレビ東京放送記念で来日したパグ・ボゴム

オリコントピックス