• ホーム
  • 芸能
  • 綾瀬はるか、『精霊の守り人』最終章でアクションに余裕「物足りない」

綾瀬はるか、『精霊の守り人』最終章でアクションに余裕「物足りない」

 女優の綾瀬はるかが13日、都内で行われたNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』最終章試写後の会見に出席した。足掛け3年、ついに最終章を迎えた同ドラマで短槍使いの女用心棒・バルサを演じてきた主演の綾瀬は「ホッとしています」と安堵。激しいアクションシーンもすっかりお手の物となり「楽になりました。最終章は物足りないな、『あれでいいんですか?』みたいな…」と余裕さえ生まれたことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 クールでとにかく強いバルサは「自分の性格に関わる大きな役」だったそうで「なんか強くなった、たくましくなったなと思います」と満足げな微笑み。シーズン1の撮影当初は「原作もあってイメージはしっかりしているけど演じてみると難しくて歩き方、座り方、ご飯の食べ方が様になってないと思って…焦りました」と苦労しつつ「(シーズン)1、2とやっていくなかでバルサ像もしっかりしてきました」と変化を明かした。

 春先には同ドラマをクランクアップさせたが「今年、ようやく終わったんだという安心感とバルサとお別れして違う一歩を進むんだという感じがしました」と気持ちを新たに。放送は来年まで続くが一足先に来年の展望と目標を聞かれると「やっぱりハンサムウーマン的な役はいいですね!」と手応えをにじませながら「健康に気をつけて笑顔で過ごしたい」と抱負を語っていた。

 また、架空の大国同士の戦いや人間ドラマを丁寧に描いた同ドラマでは樋口真嗣監督が参加していることから、演出の片岡敬司監督は「多分(樋口監督による)『シン・ゴジラ』よりスケールがある」とタイムリーな話題を引き合いに自信たっぷり。これにラウル役の高良健吾は「スケールはちょっと…『シン・ゴジラ』にも参加したのでアレなんですけど…真逆の役で参加できて光栄でした」と恐縮しながら笑いを誘っていた。

 25日毎週土曜午後9時からNHK総合テレビより全9回放送。会見には共演の鈴木亮平、原作の上橋菜穂子氏も登壇した。



関連写真

  • 激しいアクションシーンも余裕が生まれた綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)鈴木亮平、綾瀬はるか、高良健吾、上橋菜穂子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』最終章試写後の会見に出席した高良健吾 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』最終章試写後の会見に出席した鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』最終章試写後の会見に出席した上橋菜穂子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』最終章試写後の会見に出席した綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス