• ホーム
  • 芸能
  • アカデミー賞作品賞有力候補『マッドバウンド』11・17 Netflixで配信

アカデミー賞作品賞有力候補『マッドバウンド』11・17 Netflixで配信

 米サンダンス映画祭などで上映され、米エンターテインメント紙「ハリウッド・レポーター」が公表した2018年のアカデミー賞作品賞候補に選出されるなど、注目を集める映画『マッドバウンド 哀しき友情』が、今月17日よりNetflixで世界同時配信開始となる。

【写真】その他の写真を見る


 米国の映像業界ますます存在感を高めているNetflixのオリジナル作品。サンダンスのほかに、トロント国際映画祭、ニューヨーク映画祭、BFIロンドン映画祭、AFI映画祭などで公式招待作品として上映され、「衝撃的で見事な作品」(THE DAILY BEAST)、「今年一番の傑作」(YAHOO! Movies)などと、高い評価を得てきた。

 第2次世界大戦中のミシシッピ・デルタの綿花農場で働く2家族の物語。夢想家の地主ヘンリー(ジェイソン・クラーク)と、その新妻ローラ(キャリー・マリガン)を長とする白人のマッカラン一家と、小作人の家長ハップ(ロブ・モーガン)のもと、一族のより良い生活を求めて粘り強く働き続ける黒人のジャクソン一家の姿を描く。

 それぞれの家族から戦争へ従軍したヘンリーの弟で空軍パイロットのジェイミー(ギャレット・ヘドランド)と、ジャクソン家の長男で陸軍戦車大隊軍曹のロンゼル(ジェイソン・ミッチェル)が、受勲した戦争の英雄としてデルタへ帰郷してきたことで、両家は図らずも共通の困難に立ち向かうことになる。戦場で苦難を共にした2人の若き退役軍人は、白人と黒人の人種隔離政策が社会に根深く染み付いた南部の田舎街で、予想外の友情を育んでいくことになる。

 ディー・リース監督は「アメリカという国における人種と不平等をめぐる議論さながらに、マッカラン家とジャクソン家は、己に対する先入観とアメリカが強いる頑迷な階級的社会秩序との間で、泥沼にはまったかのように身動きが取れずにいます。世間や互いの関係にかろうじて突破口が見えたと思うたびに、それを一気に跳ね返すような出来事が起き、彼らは再び疑いと苦悩の中に突き落とされてしまいます」と語り、人種間の問題に鋭く差し迫った心からの訴えを物語に込めた。

 今年のアカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞、編集賞の4部門にノミネートされた『最後の追跡』と同様に、Netflixオリジナル映画がアカデミー賞を賑わすかもしれない。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』11月17日より世界開始開始
  • 人種間の問題に鋭く差し迫った感動作
  • Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』11月17日より世界開始開始

オリコントピックス