• ホーム
  • 芸能
  • 深田恭子、フジ連ドラ主演で“妊活” 松山ケンイチと大河以来の夫婦役

深田恭子、フジ連ドラ主演で“妊活” 松山ケンイチと大河以来の夫婦役

 女優の深田恭子(35)が来年1月スタートのフジテレビ系木曜劇場『隣の家族は青く見える』(毎週木曜 後10:00)に主演することが明らかになった。俳優の松山ケンイチ(32)とNHK大河ドラマ『平清盛』(2012年)以来の夫婦役に挑み、妊活に励む女性をリアルに演じる。

 さまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅「コーポラティブハウス」に住む家族たちの葛藤と成長を中谷まゆみ氏(『ラスト・シンデレラ』『ディア・シスター』『ウォーターボーイズ』他)によるオリジナル脚本で描くヒューマンドラマ。深田が演じる主人公・五十嵐奈々( いがらし・なな、35)は、スキューバダイビングのインストラクターで活発な妻。一方、松山が演じる奈々の夫で中堅玩具メーカーに勤める五十嵐大器(いがらし・だいき、32)は、心優しいがちょっと頼りない人物だ。

 そんな2人はコーポラティブハウスを購入したことをきっかけに、大器の母が心待ちにしていた子作りをスタートさせる。ところが、そう簡単には子供を授かれず…、2人は妊活に立ち向かっていくことに。また、ハウスの住人同士はいやが応でも密接な関係を築くことになり、“子供が欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”、“子供と理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫”、“子供を持つことを真剣に考える男性同士のカップル”など、奈々・大器は現代的な悩みを抱えたそれぞれの家族たちとも向き合っていかなければならない。

 台本を読んだ深田は「家族同士であっても一見しただけでは分からない様々な思いが渦巻いていて、それがどのように絡み合っていくのか、私自身とても楽しみにしています」と期待を膨らませる。松山との再共演にも「現代的な悩みを抱えたこの夫婦がどう歩んで生きていくか、新たな夫婦の形を演じていきたいです」と意欲を燃やした。

 松山も「深田さんとは一度大河で夫婦を演じた事があるので、また夫婦を演じられる事がうれしいです」と喜びのコメント。夫婦のリアルな悩みを演じることについては「そもそもリアルでないと意味がない様に思います。ドラマだから物語や人物像が都合よく描かれるという事では今回の題材を描く意味がないと思うのでスタッフキャスト全員で深めていければと思います。風邪をひかないように頑張ります」と掲げている。