• ホーム
  • 芸能
  • 全編女性役、城田優の無駄にかっこいいアクションシーン公開

全編女性役、城田優の無駄にかっこいいアクションシーン公開

 『ゴールデンスランバー』『グラスホッパー』『重力ピエロ』など、映画化された作品も多い伊坂幸太郎氏の小説が初めて連続ドラマ化される、WOWOWで来年放送予定の『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』(毎週土曜 後10:00、全6話※第1話無料)。多額の借金を抱えた5股男・星野一彦を高良健吾、謎の組織から見張り役として送り込まれた“規格外のヒロイン・繭美”を城田優が演じる。その撮影の裏側をギュッと詰め込んだメイキング動画が公開された。

 メイキング動画は、設定は冬なのに、真夏にクランクインした様子をはじめ、星野が涙ながらに食す謎の“ジャンボラーメン”や、全編女性役で登場する城田の無駄にカッコよすぎるアクションシーン、撮影合間のオフショット、そしてラストは謎のコスプレラインナップ紹介などを見ることができる。

 原作は、2009年に双葉社が企画した「ゆうびん小説」(書店で配布されているフリーペーパー「LOVE書店!」に付いている応募券を送った読者の中から抽選で1話につき50人限定で郵送された小説)として執筆されるという珍しい方法が話題を呼んだ作品。翌年、その「ゆうびん小説」に書下ろしの最終話を追加して単行本が発売された。太宰治の未完の絶筆『グッド・バイ』から想像を膨らませ、「何人もの女性と同時に付き合っていた男が、その関係を清算するために、全く恋愛関係になかった女性の協力を得て一人ひとりを訪ねて歩く」設定を踏襲。タイトルのネタ元は、1926年に発表されたジャズ「Bye ByeBlackbird」。

 “ある組織”への、多額の借金の清算として「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に<あのバス>で連れ去られるという運命が待ち受ける星野(高良)。そんな星野の願いは、<あのバス>で連れて行かれる前に、5股をかけていた5人の恋人たちに会って別れを告げること。そんな彼のお目付け役として“お別れ行脚”に付き合うことになったのが、怪異な外見と毒舌を発揮する繭美(城田)。監視役の繭美と共に「大切な人にさよならを告げる」日々がスタートする。

 ダメ男なのだが、なぜか憎めず、人の懐にスルっと入り込んでしまう星野と、男性プロレスラー並みの体型で、誰に向かっても「おまえ」呼ばわり、言動は常に破壊性を帯びている繭美。そんな凸凹コンビが織りなす不思議な数日間を描く。

■メイキング動画
http://clk.nxlk.jp/UI8MGJvU

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 高良健吾主演、城田優が全編女性役を怪演する『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』(2018年放送予定)場面写真(C)WOWOW
  • 星野一彦役の主演・高良健吾(右)と繭美役の城田優(左)(C)WOWOW