• ホーム
  • 映画
  • 浅野忠信“自分”の吹替え声優に苦戦「現場のテンションで言ってしまう」

浅野忠信“自分”の吹替え声優に苦戦「現場のテンションで言ってしまう」

 俳優の浅野忠信(43)が26日、都内で行われた映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』吹替版完成披露試写会に出席した。同作でマイティ・ソーに仕える忠実な戦士・ホーガンを演じている浅野は、日本語吹き替え版声優も自分で担当。撮影現場を知っているからこそ「現場のテンションで(セリフを)言ってしまう」と難しさを吐露した。

【写真】その他の写真を見る


 浅野はマイティ・ソーに仕える忠実な戦士・ホーガンを演じ、2011年公開の映画『マイティ・ソー』でハリウッドデビュー。シリーズ2作目となる『マイティ・ソー ダークワールド』(13年)、今回の3作目にも出演している。

 同作以外にも自分で英語から日本語へ吹替えをやってきたといい、「現場のテンションを知っているから、つい現場のテンションで言ってしまう。こういう風に監督は言っていましたとか、僕はこういう風にやりましたっていうのがあるけれど、それでいっちゃうと声優さんのルールみたいなものとは僕だけ違う方向にいってしまうみたい」と苦笑。「できあがると『あいつの声優は下手くそ過ぎて話にならない』って言われてしまうので、今回はすごく気をつけました。声優っぽくしゃべりましたよ」と手応え十分。

 女性ヴィラン・ヘラの吹替えを務めた天海祐希(50)が「どういうこと!?」と驚くなか、“声優っぽい”しゃべりかたを器用に再現。劇中ではケイト・ブランシェット演じるヘラに立ち向かうシーンがあり、天海は「浅野さんを見て誇らしかったです」と絶賛していた。

 イベントにはそのほか、K-1世界チャンピオン武尊(26)、元大関 把瑠都(32)が登場。武尊がソー、把瑠都はハルクに変身した姿を披露して沸かせた。



関連写真

  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』吹替版完成披露試写会に出席した浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)把瑠都、天海祐希、浅野忠信、武尊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』吹替版完成披露試写会に出席した天海祐希 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』吹替版完成披露試写会に出席した武尊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』吹替版完成披露試写会に出席した把瑠都 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』吹替版完成披露試写会に出席した浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス