• ホーム
  • 芸能
  • でんぱ組.inc藤咲彩音、初舞台に意気込み「成長していきたい」

でんぱ組.inc藤咲彩音、初舞台に意気込み「成長していきたい」

 アイドルグループ・でんぱ組.inc藤咲彩音が25日、ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』East Version制作発表会見に出席。同作が舞台初出演となる藤咲は「すごく緊張していますが、ドール役としてたくさんの皆さんの魅力を伝えていきたいですし、それによって私自身も成長していきたいです」と意気込んだ。

 日本初のノンバーバル(非言語)パフォーマンスである『ギア-GEAR-』は、光や映像と連動したマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスと感動のストーリーからなる新感覚エンターテイメント。京都ロングラン6年目に突入し、100席限定の劇場ながら観客動員数15万人、公演回数2000回を突破した同作が、待望の関東初進出を果たす。

 動きのみによる表現力が求められるが、藤咲は「でんぱ組では歌って踊って表現してきていたので、動きだけで伝えることの難しさを感じています。例えば『ねぇ、ねぇ』っていうのを体で表現できているのですが、顔の表情が伴ってこなくて…壁にぶち当たっています」と弱音をポツリ。一方で「ダンスパートは5日間のけいこでほぼ完ぺきに覚えました。あとは、肉付けしていって、演技として表現していくところを頑張りたい」と自信ものぞかせた。

 でんぱ組のメンバーからも激励を受けたといい「個人での活動も多いグループなのですが、今回のことをメンバーに話したら、古川未鈴さんが『ピンキー(藤咲の愛称)はドールっぽい顔をしているよね』って言ってくれたんですが、そんなこと言われたのは初めてでした」とにっこり。「お客さんとの距離が近いので、私はちょっと恥ずかしいなという気持ちです。笑わないようにしなきゃと今から気をつけています」と上演を心待ちにしていた。

 会見にはそのほか、HIRONAGA、TAKUYA、YOURI、CONROらも出席。同作は、12月22日から来年2月26日まで、千葉ポートシアターにて上演される。



関連写真

  • ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』East Version制作発表会見に出席した藤咲彩音 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)TAKUYA、YOURI、藤咲彩音、HIRONAGA、CONRO (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス