• ホーム
  • 芸能
  • 『ウォーキング・デッド』のシェーンがMarvelドラマで復讐の鬼に

『ウォーキング・デッド』のシェーンがMarvelドラマで復讐の鬼に

 MarvelとNetflixの共同製作によるオリジナルドラマ『Marvel パニッシャー』が、11月17日より世界同時配信開始となる。日本での知名度はさておき、数あるアメコミ作品の中でもファンの多いパニッシャーを演じるのは、ドラマ『ウォーキング・デッド』でメインキャストのシェーン役を演じ、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『フューリー』などで個性あふれる演技を見せてきたジョン・バーンサル。新たな場面写真、予告編も公開されている。

 本作は、愛する家族を殺され“復讐の鬼”と化したパニッシャーことフランク・キャッスルが主人公。元軍人であるフランクは、トレードマークともいえる胸に“ドクロ”が描かれたボディアーマーを着用し、悪に対して全く容赦しない“私刑執行人”として、犯罪社会の奥深くに隠された陰謀を暴いていく。

 新しい場面写真では、主人公フランクのトレードマークのドクロをあしらったボディアーマー姿や、軍隊時代の姿、またニューヨークを背景に孤独にたたずむ姿があり、シーズン1から怒とうの展開が起こることを予感させる。

 新予告編には、壮絶な軍隊時代の体験や、事件を起こしたフランクを追うUS国土安全保障省のメンバーが描かれており、さらに愛する家族を奪われたフランクの苦しみから“パニッシャー”が誕生する経緯を感じ取ることができる。

 バーンサルは「フランクは、自分がいながら目の前で家族を死なせてしまったことへの罪悪感がある。シーズン1ではその罪悪感を深く掘り下げていくことになるんだ。フランクは孤独を求めているけど、本当に自分ひとりだけしかいなくなってしまった時、そして内なるモンスターを鎮める術がなくなってしまった時、彼は自分を唯一生かしていたのが“目的(戦い)”だったと知ることになる。そう、彼には新たなミッションが必要なんだよ」と、見どころを語っている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • Netflixオリジナルドラマ『Marvel パニッシャー』11月17日より全世界同時オンラインストリーミング
  • 主演は『ウォーキング・デッド』にシェーン役で出演したジョン・バーンサル
  • 新たなクライムファイターの活躍は、Netflixのマーベルユニバースの今後にどのような影響を与えるのか?

オリコントピックス