• ホーム
  • 芸能
  • 小泉今日子×宮藤官九郎『監獄のお姫さま』初回は9.6%

小泉今日子×宮藤官九郎『監獄のお姫さま』初回は9.6%

 女優の小泉今日子が主演するTBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜 後10:00)第1話が17日放送され、初回平均視聴率が9.6%だったことがわかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同作は、宮藤官九郎が脚本を担当する女子刑務所を舞台にした“おばちゃん犯罪エンターテインメント”。小泉今日子、満島ひかり菅野美穂夏帆坂井真紀森下愛子らが集結し、「普通に生まれて、普通に暮らして、普通に死んでいく」ことがいかに平凡で、儚くて、幸せなことであるかを、笑って泣ける人間ドラマとして描く。

 第1話ではある年のクリスマスイブ、イケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)がテレビ番組に出演中、「息子が誘拐された」というカンペをADに見せられる。ともにゲスト出演していたのはカリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) 。そしてカンペをすり替えたのはスタジオに入り込んだ馬場カヨ(小泉)だった。その後、朝から吾郎とその家族の動向を見張っていたカヨは、大門洋子 (坂井真紀)、足立明美 (森下愛子) と連絡を取り合って郊外のアウトレットへ向かう。あることがきっかけで、吾郎の息子を誘拐しようとするカヨたちだが、洋子が違う子を連れてきてしまい大混乱。みんなで計画を立てた『復讐ノート』を見てどうにか立て直そうとするが…。



オリコントピックス