• ホーム
  • 芸能
  • 井上真央主演『明日の約束』今夜スタート 仲間由紀恵の“カワコワ”ぶりに期待

井上真央主演『明日の約束』今夜スタート 仲間由紀恵の“カワコワ”ぶりに期待

 女優・井上真央が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00※初回20分拡大)が、きょう17日よりスタートする。約2年ぶりに連ドラに帰ってきた井上の熱演はもちろんのこと、井上と初共演となる仲間由紀恵が演じる息子に過干渉で過保護な“毒親”ぶりがみどころとなりそうだ。『美しい隣人』『サキ』などその美貌に反して怖い女性を演じることに定評のある仲間が今回もその妖しい魅力を発揮することが期待される。

【写真】その他の写真を見る


 同作は高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上)が、親子をはじめとする人間関係に葛藤しながら、男子生徒の不可解な死の謎を追うヒューマンミステリーをオリジナル脚本で描く。この男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の親が仲間演じる真紀子。圭吾を「圭ちゃん」と呼び、溺愛する真紀子は、息子の外部との接触を制限するために、ささいな行動の変化を日々、見逃さない。現在の高校生には欠かせない存在となっているスマートフォン、SNSにも真紀子の監視の目は向けその束縛は徹底している。

 初回では不登校の圭吾のことを気にかけ、担任教師の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問した日向だったが、そこに待ち受けていたのは、真紀子。息子への日向の接触を妨げ、さらには家庭訪問や聞き取り自体を「息子にとってのストレス」だ、として強くけん制。突き刺すようなまなざしで、不登校自体を学校のせいだと主張する真紀子に対し、日向は疑念と反発を抱いていく。早くも幕を開けた井上VS仲間の対決は、今後も緊迫感を増しながら、物語の大きな軸として繰り広げられていく。

 そんな仲間は共演者から現場で「かわこわ」(かわいいけど、怖い)とささやかれているそう。先日の制作発表で仲間は「私は何もしゃべっていないのに。生徒役の子たちがすごく恐れている感じ。誰もにこりともしてくれず…」と落ち込んでしまうほど。このほかにも日向を悩ませてきた自身の母・尚子(手塚理美)もまた毒親で、真紀子と尚子、2つの大きな壁が日向に立ちはだかる。

 同局ドラマ『嘘の戦争』『銭の戦争』『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』など手掛けてきたプロデューサーの河西秀幸氏は「単なる犯人さがし、謎解きではない。このドラマで描く事件やトラブルはどこでも誰にでも起こりうる。視聴者の心にザクザクと問いを投げかけていく」と抱負を語っている。



関連写真

  • 17日放送の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』に出演する仲間由紀恵 (C)関西テレビ
  • 17日放送の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』に出演する井上真央 (C)関西テレビ
  • 17日放送の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』に出演する仲間由紀恵 (C)関西テレビ
  • 17日放送の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』に出演する井上真央 (C)関西テレビ

オリコントピックス