• ホーム
  • 芸能
  • 花田優一、父と違う道を歩んだ理由と働く流儀 初著書で明かす22歳の人生哲学

花田優一、父と違う道を歩んだ理由と働く流儀 初著書で明かす22歳の人生哲学

 大相撲・貴乃花親方(45)と元フジテレビアナウンサー・河野景子さん(52)の長男で靴職人の花田優一(22)が、これまでの人生を振り返った著書『生粋(ナマイキ)』を11月17日に発売することがわかった。「横綱の息子」ではなく「一人の人間」として、自身の哲学や働く流儀をつづっている。

【写真】その他の写真を見る


 花田は“平成の大横綱”と呼ばれた貴乃花の息子として生まれたが、中学卒業後にアメリカ・ボストンで2年半ほど生活。その後にイタリア・フィレンツェの靴工房で2年半の修行を経て、現在は自身の工房で完全ハンドオーダーメイドを手がける靴職人として活動する。

 小さい頃から「なぜお父さんと同じ相撲の道を選ばなかったのか?」、今は「なぜ靴職人になったのか?」と繰り返し聞かれてきた質問への正直な思い、そして葛藤しながら歩いてきた自分の道を振り返りながら、ありのままの花田優一を刻んでいる。

 今年8月から芸能事務所とマネジメント契約を結び、10月からはTBSラジオで初のレギュラー番組『花田優一 First Step』もスタートするなど、靴職人に軸を置きながらも活動の幅を広げる花田。自分で考え、自分の道を歩んできた22年の人生の哲学が明らかになる。



関連写真

  • 初の著書『生粋(ナマイキ)』を発売する花田優一
  • 初の著書『生粋(ナマイキ)』を発売する花田優一
  • 花田優一の初著書『生粋(ナマイキ)』

オリコントピックス