• ホーム
  • 映画
  • 有村架純、監督からの手紙に号泣 松本潤、涙拭えずに焦り

有村架純、監督からの手紙に号泣 松本潤、涙拭えずに焦り

 人気グループ・松本潤(34)と女優の有村架純(24)が16日、都内で行われた映画『ナラタージュ』大ヒット舞台あいさつに出席した。この日、松本と有村に向け行定勲監督(49)が書いた手紙を司会が代読。有村は行定監督からのねぎらいと感謝、激励の言葉を聞くと「このようにお手紙をいただいて、なんか…今までやってきてよかったなと思いました…」とあふれる涙が頬を流れた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は島本理生氏の原作小説を実写化。高校時代に思いを寄せていた教師・葉山(松本)に再会した後、葉山との恋に苦悩する女子大生・工藤泉を演じた有村について、行定監督は「あなたほど寡黙で芯の強い女優を私は知りません」と讃え、「あなたには頑なにこれからも演じることにこだわり続けてほしい。日本映画史に残る女優になってください」という言葉を送ると、有村は思わず号泣。

 松本も「このように手紙をいただけたことがこの映画に参加して一番の宝物。監督、スタッフのみなさん、そしてこのタイミングで架純ちゃんとこういうラブストーリーができたことを改めて感謝したい」としみじみ。行定監督は「映画が救われる瞬間がキャストによってあるもの。この2人に出会うために10年間『ナラタージュ』は成立しなかった、待っていたんだなと感じています」と感慨深げに明かした。

 涙を堪えきれない有村を見かねて、松本がステージ下のスタッフに向けて拭く物をもってきてもらうように合図すると「ここでパッと(ハンカチが)出てきたらいいんだけど入ってないんだよ〜!ごめん、架純ちゃん!」と申し訳なさそうにして、笑いを誘っていた。



関連写真

  • 監督からの手紙に号泣した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ナラタージュ』大ヒット舞台あいさつに出席した(左から)行定勲監督、有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ナラタージュ』大ヒット舞台あいさつに出席した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ナラタージュ』大ヒット舞台あいさつに出席した有村架純 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス