• ホーム
  • 芸能
  • カトパン、古巣でフリー転身後初ドラマ インスタ女子役「すごく楽しかった」

カトパン、古巣でフリー転身後初ドラマ インスタ女子役「すごく楽しかった」

 元フジテレビのフリーアナウンサー・加藤綾子が、14日放送のフジテレビ系人気ドラマシリーズ『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』(後9:00〜11:10)の短編作品『女子力』に主演することが明らかになった。昨年5月にフリー転身後、初のドラマ出演で初主演となる。

【写真】その他の写真を見る


 局アナ時代は女子アナ役でドラマ出演したことはあるが、フリー転身後は初。オファーされた当初は「自分にできるのかなという不安がありましたが、尺が短くセリフも少ない作品だったこともあり、アナウンサー業の幅を広げるためにも“新しいことに挑戦してみよう!”」と引き受けた。

 短編作品『女子力』は、4コマ漫画『たのしい4コマ』(せきの著、KADOKAWA刊)が原作。会社の同僚の綾子(加藤)とユキ(佐藤みゆき)がインスタグラムに掲載する写真を撮るためにビルの屋上へ行き、インスタ映えする写真を撮ろうとしたところでユキが足を踏み外して落ちそうになる。綾子はユキの手をつかんで必死に支えるが、ついに限界を感じたユキがふと、つながれた綾子の手を見ると…というストーリーだ。

 撮影を終えた加藤は「すごく楽しかったです! 屋上に行くことも、屋上から落ちそうになっている人を手でつかんで支えるなんてこと、普通は絶対にないですからね」とにっこり。「最近若い子たちがインスタにハマってる風潮をいかしたシュールな演出だったので、すごくおもしろい作品だなと思いました。あと、落ちそうになっている人と手首をお互いにすごく強く握っていたので、今でもちょっと手や腕が震えています」と明かした。

 古巣の長寿ドラマシリーズで初主演し「私もいつも楽しく見ているので、そこに自分が出演させていただけるのは、少し不思議な感覚です。フリーになる前に、アナウンサー役などでドラマに出演した事はありましたが、ドラマに主演という形での経験はなかったです。打ち合わせのときに、演じるというよりはそのままでいいですよって、監督が言ってくださったので、変に気負うことなく、楽しんで演じることを第一に頑張りました」と楽しんだ様子だ。

 役柄との共通点は「あまりないかもしれません。インスタにハマりすぎて命をかけることもないですし、ヒールを履いて柵を越えて歩くこともないですから」と言いつつも「女の子が何かにハマっている時にある、褒められたことに対する一瞬の喜びといった気持ちは、女の子全てに共通する気持ちかなとは思いました」と話し、「すごくおもしろい作品です。私も一生懸命頑張って演じたので、ぜひ見てください!」とアピールした。



関連写真

  • 『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』の短編『女子力』主演の加藤綾子(C)フジテレビ
  • 屋上から落ちたユキを支える綾子=『女子力』場面写真

オリコントピックス