• ホーム
  • 芸能
  • 九州の長寿バラエティー『ドォーモ』、ラジオに初進出 濃厚な音楽情報届ける

九州の長寿バラエティー『ドォーモ』、ラジオに初進出 濃厚な音楽情報届ける

 10月で放送29年目を迎えた九州・KBCテレビの人気バラエティー『ドォーモ』(月〜木 深0:15〜1:10/九州5局ネット)が、6日よりKBCラジオで『ドォーモ×ラジオ』(毎週金曜 深0:05〜1:00)をスタートさせることが明らかになった。九州地方きっての人気番組が深夜ラジオに初進出し、テレビでは伝えきれない濃厚な音楽情報をお届けする。

【写真】その他の写真を見る


 テレビ放送では、話題のスポットから社会問題までリポーターが取材してきたVTRを、生放送によるスタジオで紹介するという内容が人気を博している。ラジオではインディーズ・メジャー問わず幅広い音楽情報を扱う。メインパーソナリティーはテレビ版にも出演するKBC長岡大雅アナウンサーが務め、10月のゲストはKen Yokoyama浅井健一GLIM SPANKYと豪華なゲストが出演予定。コンバット満、斉藤ふみといったおなじみの「ドォーモメンバー」も週替わりで登場する。

 長岡アナは「ボクは 深夜ラジオが好きです。震えるほど楽しみです」と熱く意気込み。「いつか学校で『昨日のドォーモラジオ聴いたー?』みたいな会話が飛び交う日を夢見て、あまり力まずに、そこそこ笑えるお話と素敵な音楽をお届けできたらと思います」とテレビ同様の人気番組に成長させることを誓った。

 KBCはラジオ版を“音楽番組”とした理由について「『ドォーモ』は、バラエティー番組であるにも関わらず、DREAMS COME TRUEゆず・Ken Yokoyama・浅井健一・WANIMAなど豪華アーティストが出演してきました。テレビだけでは放送尺の関係から、その魅力を伝えきれないと感じ、音楽との親和性がより高いラジオに注目しました」と説明している。



関連写真

  • 「ドォーモ×ラジオ」のメインパーソナリティを務める長岡大雅アナウンサー
  • 初回のラジオ収録を前に打ち合わせをする模様
  • テレビのドォーモを放送しているスタジオでラジオを収録
  • 「ドォーモ×ラジオ」のメインパーソナリティを務める長岡大雅アナウンサー

オリコントピックス