• ホーム
  • 芸能
  • モテクリエイター・ゆうこす、“ほぼ”ニートから会社設立「いろんなことを発信したい!」

モテクリエイター・ゆうこす、“ほぼ”ニートから会社設立「いろんなことを発信したい!」

 元HKT48で、現在は“モテクリエイター”として活動する「ゆうこす」こと菅本裕子(23)が23日、都内で初エッセイ『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』(KADOKAWA)の発売記念イベントを行った。

 2011年にHKT48に加入し、翌12年に脱退。その後は「多くの人に知ってもらいたい」という思いから始めたSNSがきっかけとなり“モテクリエーター”としてメークのテクニックなどの情報を発信。現在は、フォロワーも累計76万人(インスタグラム、ツイッター、YouTube、LINEなど)を超え、女性からの支持を集めている。

 「好きなことを仕事にできた」と現在の活躍ぶりに胸を張った菅本だが、1年半前までは「ほぼニートだった」という。どん底状態からSNSを口火にブレーク。22歳で会社を設立し「SNSだけだと文字や写真だけの発信になる。服やコスメなど、物を作っていろんなことを発信していきたい。あとは女の子たちに芸能のワークショップみたいなこともしているので、それもどんどん盛り上げていきたい」と話した。

 モテの秘訣について問われると「ポジティブな人の所には人が集まってくる。ネガティブなことも笑顔に変換できる人がモテる。常に笑顔は心掛けてます」。かつての仲間だったHKT48の活躍ぶりについて話題になると「刺激というより、元々アイドルが好きなのでファンという感じです」と微笑んでいた。



関連写真

  • 初エッセイの発売記念イベントを行った菅本裕子 (C)ORICON NewS inc.
  • 初エッセイ『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』をPRする菅本裕子 (C)ORICON NewS inc.
  • 初エッセイの発売記念イベントを行った菅本裕子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス