• ホーム
  • 芸能
  • 17年1月期“最も質の高いドラマ”は『カルテット』〜「第7回コンフィデンスドラマ賞」で最多5部門受賞

17年1月期“最も質の高いドラマ”は『カルテット』〜「第7回コンフィデンスドラマ賞」で最多5部門受賞

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「第7回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年1月期の結果を発表。「作品賞」は、先読み不能なストーリー、実力派キャストによる巧みな会話劇が視聴者のツボをつかんだ、TBS系火曜10時の『カルテット』が受賞した。また、同作の脚本を手がけた坂元裕二氏が「脚本賞」を。人間味あふれる登場人物を魅力たっぷりに演じた、松たか子が「主演女優賞」、高橋一生が「助演男優賞」、吉岡里帆が「新人賞」を受賞し、『カルテット』が全7部門中5部門を手にした。

 同作は、ある日の“偶然”の出会いをきっかけにカルテットを組んだ謎多き男女4人の奇妙な共同生活を通して、人間の滑稽さや愛おしさなど“人生の機微”を繊細に描いた作品。演出・チーフプロデュースは、日曜劇場『運命の人』や『空飛ぶ広報室』など、数々の人気ドラマを手がけてきた土井裕泰氏。

 約3年前から構想が練られていたといい、“会話劇”を軸とした坂元裕二氏による緻密な脚本、その物語を体現するキャストの選定、椎名林檎が手がけ、松たか子ら俳優陣が歌唱・出演するエンディングの工夫など、アイデアを熟成させながら各ピースを集め、見事な作品を完成させた。また、視聴者のツボを刺激する仕掛けの数々は、毎回放送後にネットを中心に大きな話題となり、これらの成果をもって「作品賞」及び各賞が決定した。なお、それぞれの受賞者のコメントは以下の通り。

■作品賞:『カルテット』演出/プロデュース 土井裕泰氏

 作品賞だけではなく、俳優、脚本部門も含めすべての面で評価していただけたことは、制作者として本当に嬉しく思っています。人生は白黒つけられない。皆グレーを抱えて、なんとか不可逆の人生を歩いている。そんな人たちの背中をそっと押せるようなドラマを作りたい、という思いからスタートしたドラマでした。坂元裕二さんの素晴らしい脚本と、主演の松たか子さんをはじめ、力のある俳優さんたちに集まっていただけたからこそ描ききれたと思っています。この作品では作り手と受け手という一方通行ではなく、キャッチボールしながら視聴者と一緒に作っている感覚もありました。最終話を撮り終えたとき、“ああ、この4人と別れるのは寂しいな”という思いが自然に生まれてきました。ドラマが終わっても、彼らの人生はこの世界のどこかで続いているのだという感覚があります。すぐにという訳にはいかないと思いますが、いつかまた彼らに会えればいいなと思っています。

■主演女優賞:松たか子

 賞をいただけるなんて思ってもいなかったので嬉しいです。主演女優賞のほかにも、作品賞や助演男優賞、新人賞に脚本賞まで同時に受賞でき、総合的に評価していただけたのがとても嬉しいです。今回は名前をたくさん持つ、不思議な女性の役でしたが、すごく楽しんで演じることができました。坂元裕二さんの脚本には何度も驚かされましたが、撮影現場では出演者もスタッフも、何が起きても受け入れられるようになっていましたので、そういう意味では、何でも面白がれる人たちが集まった幸せな現場だったなと思います。また、これからも面白い役、変な役に出会えるように、心身とともに健康でいたいと思っています。ありがとうございました。

■助演男優賞:高橋一生

 助演男優賞として評価していただき、大変光栄に思っています。ありがとうございました。脚本の坂元裕二さんや監督の土井裕泰さんをはじめ、スタッフの方々とキャストが一丸となって取り組めた結果だと感じています。また、僕が演じた家森諭高のダメな感じや可笑しさみたいなものは、それを許容してくれた、松たか子さんや満島ひかりさん、松田龍平くんの3人がいたからこそ成り立ったと思います。あの空間で3人とお芝居ができたことは、本当に幸せな経験でしたし、多分ずっと忘れないと思います。今後もますます充実させていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

■脚本賞:坂元裕二

 とても身に余る光栄な賞をいただき、嬉しく思っています。評価していただけたのはスタッフとキャストに恵まれた結果です。素晴らしいキャストに出演していただけたので、何よりもお芝居そのものの魅力を引き出せるようにと考えました。弦楽器の演奏という非常に高いハードルを越えながら、最高の演技を見せてくださった4人にはただただ敬服しております。これを糧とし、また面白い連続ドラマを作れるように頑張りたいと思います。

■新人賞:吉岡里帆

 新人賞ありがとうございます。身に余る光栄です。私は役者として自分に華がないと思っていて、そんな私が勝負できることは脇役として主演の方がより輝けるようなキャラクター作りをして、その役割をしっかり担うこと。それが役者としての自分のあり方だと思っていましたので、賞をいただけるなんて本当に驚きました。嬉しいものなんですね。トロフィーが自分のものとは思えなくて(笑)。『カルテット』は私にとって特別な作品になりました。尊敬する共演者の方々と一緒にお芝居をさせていただくなかで、熱量の高い現場で1ミクロンほどの人間の感情を伝えていく経験を重ねていくことができました。私1人では有朱役はできていなかったです。今まではアクの強い役が多かったので、今後は今の自分が素直に感じていることを表現できるような、等身大の“普通の人”に挑戦してみたいです。

【「第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」結果一覧】
作品賞:『カルテット』(TBS系)
主演男優賞:草なぎ剛(『嘘の戦争』KTV/CX系)
主演女優賞:松たか子(『カルテット』TBS系)
助演男優賞:高橋一生(『カルテット』TBS系)
助演女優賞:斉藤由貴(『お母さん、娘をやめていいですか?』NHK総合)
脚本賞:坂元裕二氏(『カルテット』TBS系)
新人賞:吉岡里帆(『カルテット』TBS系)

対象作品・俳優は、NHK総合&民法キー局の国内制作で、3話以上・そのクール内に終了する作品と、NHK連続テレビ小説、NHK大河ドラマ、2クールにわたりオンエアされるシリーズ作品(放送終了タイミングに審査対象となる)。オリコングループの調査システム「オリコンモニターリサーチ」の登録者を対象にしたドラマ満足度「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関する有識者及びマスコミのドラマ・テレビ担当者を審査員とした、4月7日の審査会で各賞を決定した。(主要となる「作品賞」、「主演男優・女優賞」の3部門以外は、審査員投票によって決定)

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。

(コンフィデンス 17年5月1日号掲載)



関連写真

  • 「第7回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で、「作品賞」をはじめ5部門を独占したTBS系ドラマ『カルテット』 (C)TBS
  • 「主演女優賞」を受賞した松たか子

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコントピックス