アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 嵐・櫻井翔、10月ドラマで“元商社マンの校長”に「自分自身も成長できたら」

嵐・櫻井翔、10月ドラマで“元商社マンの校長”に「自分自身も成長できたら」

 人気グループ・櫻井翔(35)が、10月より放送される日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)で主演することがわかった。櫻井が演じるのは、元エリート商社マンながら会社の辞令で私立高校の“校長”に就任した鳴海涼介(35)。現職の教師で最初は鳴海に反発しながらも触発されていくヒロイン・真柴ちひろ(31)には女優・蒼井優、鳴海の恋人で元同僚・松原聡子(28)には多部未華子が起用された。

 作品の舞台は、偏差値“中の下”、とくにスポーツが優れているわけでもない、定員割れギリギリの私立京命館高校。主人公の鳴海は、教育現場をまったく知らないまま突然の『校長』という立場と、これまでのビジネスの常識とはかけ離れた『学校』という現場の実態に困惑しながら、出向先での一職務ではなく学校のリーダーとしての“理想の校長”になるべく学校改革に乗り出していく。

 ドラマ『HERO』や『ガリレオ』(ともにフジ)など型破りな主人公を描いてきた福田靖氏が脚本を担当するオリジナル作品で、『Mother』『Woman』(ともに日テレ)など社会派ドラマを数多く手掛けた水田伸生監督が演出を務める。

 2007年に『山田太郎ものがたり』(TBS)で25歳にして高校生を演じた櫻井は「そこから10年。まさか35歳で校長役をやらせていただくことになるとは…。想像もしてなかったので、とても驚いています」と衝撃を受けた様子。13年の『家族ゲーム』(フジ)以来、4年半ぶりの連ドラ主演となるが「商社マンであり校長先生という未だかつてない役柄と共に自分自身も成長できたらと思います」と意気込みを語っている。

 以前に映画で櫻井と共演し、「尊敬する主演の方のお一人」という蒼井は「穏やかでいて、クレバーな櫻井さんが真ん中にいてくださると思うだけで、頼もしいです」と信頼を寄せる。10年ぶりの共演となる多部は「関係性も以前とは違いますし、2人でどんなシーンを作れるのか今から楽しみです」と撮影を心待ちにしている。

 同局の次屋尚プロデューサーは「未来を生きていくことになる今の子供たちに、我々大人たち、そして教師たちは今何を語り、何を教えるべきなのでしょう?その答えを探す旅を、このドラマを見ていただく方々と一緒にしたいと思ってます」と制作意図を説明。10代の若者たちと交わることで「理知的で誠実な彼のイメージに乗っ取りながら、櫻井さんの素顔の部分や意外な一面も、このドラマを通じて見え隠れするのではないでしょうか」とコメントしている。



オリコントピックス