アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 元大関・把瑠都、俳優デビュー セリフ覚えは「台本をローマ字にしてもらって」

元大関・把瑠都、俳優デビュー セリフ覚えは「台本をローマ字にしてもらって」

 大相撲の元大関で、格闘家・タレントの把瑠都(32)が、5月8日放送のTBS系2時間ドラマ『税務調査官 窓際太郎の事件簿32』(後8:00)で俳優デビューすることが10日、わかった。主人公の税務署員・窓辺太郎(小林稔侍)が訪れる魚屋の店員を演じる。

 把瑠都が出演するのは、魚屋の店主を務める井手らっきょと共に商店街で小林とコミカルにやり取りするシーン。リハーサルから小林と家出がアドリブで応酬しあうと、どこで自分のセリフを挟んでいいのかわからず、目を白黒させる場面もあり緊張した面持ちだったが、スタッフのアドバイスに即座に対応してみせた。

 撮影の合間には小林と井手から母国・エストニアについて聞かれるなど、打ち解けた雰囲気に。小林は「本当に大きいねぇ」と驚き、井手も「緊張しているのかと思ったら、合間にお店の方が出してくださったマグロをパクパク食べてるんですよ。井手さんもどうですか?なんて勧めてきたりして(笑)」と意外にも余裕のあった把瑠都の様子を明かした。

 初めての俳優の仕事に挑んだ把瑠都は「撮影の雰囲気になれるまで時間がかかったのですが、楽しかったです」と振り返り、「セリフはマネージャーにローマ字にしてもらって覚えました。でもマネージャーが書いたものが間違ってて、それで覚えちゃったオンで現場でNGを出してしまい大変でした」と裏話もポロリ。今後は「悪役とか用心棒とか、自分からこれをやりたいと考えたことはないけれど、『やりなさい』と言われたらどんな役でもやりますよ」と準備OKのようだ。

 同作は、表向きは東京国税局から世田谷南税務署に左遷されたダメ税務署員、しかし正体は政財界の癒着を暴く国税局の影の査察官「窓際太郎」こと窓辺太郎が活躍する人情味のある勧善懲悪ストーリー。



関連写真

  • 月曜名作劇場『税務調査官 窓際太郎の事件簿32』で俳優デビューする把瑠都(中央)(C)TBS
  • 月曜名作劇場『税務調査官 窓際太郎の事件簿32』の場面カット(C)TBS

オリコントピックス