• ホーム
  • 芸能
  • 稲村亜美「目標は110キロのストライク」 憧れの聖地で始球式に挑む

稲村亜美「目標は110キロのストライク」 憧れの聖地で始球式に挑む

 MBS『戦え!スポーツ内閣』(毎週水曜 後11:58※関西ローカル)に出演中で“神スイング”神ピッチング”が話題のタレントの稲村亜美(21)が、8日に阪神甲子園球場で行われる阪神-巨人戦で始球式を務めることが5日、わかった。

【写真】その他の写真を見る


 小さい頃から男子に交じって野球をしていた稲村にとって甲子園のマウンドは夢にまで見た念願の場所で、今回初めてその土を踏む。これまでにプロ野球12球団中7球団の本拠地で始球式をおこなってきた稲村だが、昨年10月に『ちちんぷいぷい』にVTR出演した際、今後の目標として「12球団の本拠地の全てで始球式をしたい」と発言。たまたま、その番組をテレビで観ていた阪神タイガース・坂井信也オーナーの秘書から番組放送中にMBSに連絡があり、稲村の“登板”実現した。

 8球団目の始球式ということで、当日は背番号「8」を引っ提げて登場。稲村は始球式を前に「憧れの聖地で、しかも伝統の一戦で巨人を相手に始球式をおこなうチャンスを頂き、とてもうれしいです」と喜び「目標は、110キロのストライクを投げ込む事です!!」と気合十分。これまでの公式戦始球式の最高球速は103キロだが、自己最高を更新するか注目が集まる。

 試合の模様は当日午後2時からMBSテレビで生中継。稲村の始球式の様子は、後日『ちちんぷいぷい』や『戦え!スポーツ内閣』でも伝える。



関連写真

  • 甲子園球場で始球式を行う稲村亜美
  • 甲子園球場で始球式を行う稲村亜美
  • 甲子園球場で始球式を行う稲村亜美

オリコントピックス