• ホーム
  • 映画
  • 実写映画『ここさけ』追加キャスト&超特報が解禁 母親役は大塚寧々

実写映画『ここさけ』追加キャスト&超特報が解禁 母親役は大塚寧々

 人気グループ・Sexy Zone中島健人主演でアニメーション映画を実写化する『心が叫びたがってるんだ。』(7月22日公開)の追加キャストが30日、解禁された。芳根京子演じるヒロインの母親を大塚寧々、担任教師役で荒川良々が出演する。

 同作は、2015年に劇場公開され、ヒットを記録した劇場版オリジナルアニメを実写化。舞台は埼玉・秩父の高校。本音を言わない少年・拓実(中島)が、しゃべると腹痛を起こしてしまう少女・順(芳根)とともに「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、クラスメイトたちと一緒にミュージカルの公演を目指す青春群像劇。

 『近キョリ恋愛』『君に届け』などを手がけた熊澤尚人監督がメガホンをとり、中島、芳根のほか、E-girls石井杏奈佐藤浩市の息子・寛一郎の出演が発表されていた。

 順の母親・泉は、順の子ども時代にうっかり話してしまった“ある事”がきっかけで家族がバラバラになってしまい、それ以来しゃべることができなくなってしまった順をもどかしく思い、心の底では心配しながらも、ついつらく当たってしまうという役どころ。

 同作への参加を喜ぶ大塚は「この作品のテーマの“伝えることの大切さ”は、現代を生きる私たちすべてに通じるものだと思います」と話し、「私が演じる泉も、芳根京子さん演じる、娘・順へ愛情をきちんと伝えられず、長い間、葛藤を続けています。今、青春真っ只中にいる方はもちろんのこと、社会人や、親世代の方なども、共感できる作品だと思いますので、ぜひ観ていただけたらうれしいです」と呼びかけている。

 拓実や順らを見守る教師役の荒川は「ま、まさか! 自分がまっとうな教師をやるとは!…思えば遠くへきたもんだ…」とコメント。キャスト発表にあわせて、芳根が順の心境を語るナレーションとともに、学校の風景が映し出される超特報映像も解禁された。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス