アニメ&ゲーム カテゴリ

ディズニー・アニメーションの求心力(3)『モアナ』の音楽づくり

ディズニー・アニメーションが世界中で愛される理由のひとつが、劇中に流れる音楽だ。ディズニーのトーキー(せりふ・音楽などを伴う映画)第1作となる『蒸気船ウイリー』(1928年)で映像と音楽をシンクロさせてから、長編第1作『白雪姫』(37年)でアニメーションとミュージカルを融合させてから、ずっと。長編第3作『ファンタジア』(40年)でウォルト・ディズニーがこだわった「目で見る音楽・耳で聴く映像」が継承されている。今回は、ディズニー及びディズニー/ピクサー作品の長編・短編すべての音楽を統括するトム・マクドウーガル氏(エグゼクティブ・ミュージック・プロデューサー)にディズニーの音楽づくりについて聞いた。

日本で興行収入255億円の大ヒットを記録した『アナと雪の女王』(201...

この記事の画像

  • 『モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<日本語版>』(発売中)
  • ディズニー及びディズニー/ピクサー作品の長編・短編すべての音楽を統括するトム・マクドウーガル氏(エグゼクティブ・ミュージック・プロデューサー) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索