• ホーム
  • 芸能
  • 愛之助、初ミュージカルで妻から助言「6時間前には起きて」

愛之助、初ミュージカルで妻から助言「6時間前には起きて」

 歌舞伎俳優の片岡愛之助が20日、都内で行われたブロードウェイ・ミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事<江戸版>』(3月4日〜新橋演舞場)製作発表会見に出席した。今回、初めてミュージカルに挑戦する愛之助は妻で女優の藤原紀香から「歌というのは早起きしないと出ないと言われました。『6時間前には起きておかないと』と…」と助言を受けたそうで「それは無理ですよと。超早起きですね」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 年末年始を毎年、京都の祖父の家で過ごすという愛之助は「(今年は)そこに妻が座っているのは初めてだったので感動しました」としみじみ。家でも紀香相手にミュージカルの練習をするかを聞かれ「やってくれるんじゃないですか。いつもやってくれます」と夫婦円満ぶりをのぞかせていた。

 今回、演出を手がける宮本亜門氏は結婚後の愛之助の印象を「穏やかで優しい方というのは変わらずに、幸せオーラがあふれてますね」と語り、紀香の初舞台も担当した縁から「僕は2人の家に遊びに行くのが個人的な夢です。この2人が人間的に大好きなんです」と熱望していた。

 スティーブン・ソンドハイム作曲のコメディー・ミュージカルを原作に、舞台を古代ローマから江戸にまるごと移して展開。陽気な丁稚の丁助(愛之助)が自由の身になること夢見て策略したことで周囲の人を巻き込んだドタバタ劇を繰り広げる。亜門いわく「しゃべりっぱなし、踊りっぱなし、歌いっぱなし」の同ミュージカルで愛之助は「見たことのない、私をみせられるのでは」と自信を込めた。



関連写真

  • 初ミュージカルで妻からの助言を明かした片岡愛之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 製作発表会見に出席した(左から)片岡愛之助、宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.
  • ブロードウェイ・ミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事<江戸版>』製作発表会見に出席した(左から)片岡愛之助、宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス