ドラマ&映画 カテゴリ

テレビ東京系で21日に放送された『宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』前編が反響を呼んでいる。テレビ東京が「六本木3丁目移転 プロジェクト」と銘打ち、人気ミステリー作家・宮部みゆき氏の小説『模倣犯』を映像化。電話越しに聞こえてくるボイスチェンジャーを使った犯人の「ケケケ」という笑い方や出演者の豪華さ、原作に比較的忠実な内容が「面白いんだけど、つらい」といった感想など、ツイッターにはさまざまなつぶやきが投稿されている。きょう22日に後編(後9:00)が放送される。 中でも人をムカつかせるには十分な熱演で、「ケケケしか頭に残らない」「クセになりそう」と、かなりのインパクトを残したのがこの物語で欠かすことができない犯人の笑い声。

この記事の画像

  • テレビ東京系『宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』後編、9月22日放送。中谷美紀演じる滋子と坂口健太郎(右)演じるピースが対決 (C)テレビ東京
  • 犯人2人と小・中学校の同級生だったという網川浩一(坂口健太郎)の引き合わせで滋子と対面した和明の妹・由美子(清水富美加)は、必死の面持ちで兄の無実を訴える(C)テレビ東京
  • 犠牲者の祖父・有馬義男(橋爪功)と塚田真一(濱田龍臣)(C)テレビ東京
  • テレビ東京系『宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』後編、9月22日放送。滋子に自身の著書を差し出す網川。一連の誘拐殺人事件の主犯は生きており「真犯人は第3の人物・X」とするルポだった(C)テレビ東京
  • テレビ東京系『宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』後編、9月22日放送(C)テレビ東京
  • テレビ東京系『宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』後編、9月22日放送(C)テレビ東京
  • テレビ東京系『宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』後編、9月22日放送(C)テレビ東京

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索