• ホーム
  • 芸能
  • 市原隼人、2年ぶりドラマ主演 『WOWOWシナリオ大賞』受賞作を映像化

市原隼人、2年ぶりドラマ主演 『WOWOWシナリオ大賞』受賞作を映像化

 俳優・市原隼人が、『第8回WOWOWシナリオ大賞』大賞受賞作を映像化する『ドラマW 双葉荘の友人』(3月19日 後9:00)に主演することが17日、わかった。テレビドラマの主演は2年ぶりとなる市原が「風変わりな作品」と称する本作は、テラスハウスが舞台のロマンティックミステリー。「現場でも、作品の世界観を優しく感じたい」と思いを寄せる。

 テラスハウス「双葉荘」では、見えないはずのものが見える。大賞を受賞した川崎クニハル氏が若い頃に体験した実話をベースにした物語。市原は「仕事も生活も順調な妻とは裏腹に、人生において目標もなくアイデンティティも持てない夫が、自宅で起こる奇妙(ファンタジー)な体験とともに独特な感情面を包み込む中で、夫として人として芽生えてゆく温もりを伝えて行きます」とアピールする。

 監督には、山田洋次監督作品の助監督を長年務め、脚本家でもある平松恵美子氏が決定。共演に臼田あさ美中村倫也陽月華中嶋朋子中原丈雄吉行和子ら。

 『WOWOWシナリオ大賞』は、プロ・アマ問わず優れたシナリオ作品を発掘し、脚本家の育成を通じて広く映像文化の発展に貢献することと、その映像化を目的に創設された。2014年に募集した『第8回シナリオ大賞』の応募総数は482編だった。



関連写真

  • 3月19日放送、WOWOW『ドラマW 双葉荘の友人』に主演する市原隼人
  • 3月19日放送、WOWOW『ドラマW 双葉荘の友人』の主な出演者(上段左から)市原隼人、臼田あさ美、(下段左から)陽月華、中村倫也

オリコントピックス