• ホーム
  • 芸能
  • 沢尻エリカ、時代劇初挑戦 フジ『大奥』11年ぶりに復活

沢尻エリカ、時代劇初挑戦 フジ『大奥』11年ぶりに復活

 2003年〜05年にかけてフジテレビ系で放送され、映画化もされたドラマ『大奥』が、女優の沢尻エリカ主演のスペシャルドラマとして、11年ぶりに復活する。江戸時代の大奥で生きる女たちの壮絶な人間模様を描いたドラマシリーズ。金曜プレミアム枠(後9:00〜10:52)で、来年1月22日に「第一部〜最凶の女〜」、29日に「第二部〜悲劇の姉妹〜」を放送。沢尻は、時代劇初挑戦ながら、第一部で「お美代」、第二部で「梅」という異なる二人の側室を演じる。

 今回は、在位50年という長期政権を確立し、享楽的な暮らしぶりを好んだことで有名な第11代将軍・徳川家斉を支えた大奥が舞台。10人以上の側室を持ち50人以上の子どもを設けたことから“オットセイ将軍”とも呼ばれた家斉の時代の大奥には、想像を絶する野心やプライド、そして復讐心などが渦巻いていた。そんな大奥で、時代に翻弄されながら女の園を生き抜いた二人の側室の物語を描いていく。

 第一部のお美代は、家斉の寵愛を一心に浴びていた大奥史上最強の側室。寺で生まれた身分でありながら、誰もが認める美貌と優れた知性で大奥の頂点まで登りつめ、一方で“悪女”としても有名。第二部では、妹の策略や家斉の心移りを、大きな心で受け入れていく“聖女”のような優しい姉・梅を演じた。

 約2ヶ月にわたって京都に滞在し、東映京都撮影所に通い詰めで初挑戦の時代劇に全力投球した沢尻は「所作や言い回しなど、慣れない事がいっぱいあって、あまり思うように表現できませんでしたが、体当たりで二役演じさせていただいて、時代劇の面白さを知る事ができました」と充実した仕事ぶりを振り返っていた。



オリコントピックス