アニメ&ゲーム カテゴリ

元セクシー女優で漫画家としても活躍する峰なゆかの作品『アラサーちゃん』が、ネットで連載されている漫画『きょうのゲイバー』の内容と類似しているとして、掲載誌の『週刊SPA!』(扶桑社)がきょう24日発売の12/1号で謝罪文を掲載した。 発端となったのは、『きょうのゲイバー』作者のTSUKURU氏が今月12日にツイッターでつぶやいた発言。自身の作品のせりふと、『SPA!』11月3・10日号で掲載された『アラサーちゃん』のせりふが類似している、というネットの声を拾い、「かぶってるではなく、使われたように思います。ネタ自体はオリジナル性にかけ、かぶる事はあると思いますが言葉の選びと並び方が3つ一緒で、作為を感じたからです」で指摘した。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索