• ホーム
  • 芸能
  • 榮倉奈々、『遺産争族』ロケで全身筋肉痛に

榮倉奈々、『遺産争族』ロケで全身筋肉痛に

 女優の榮倉奈々が、出演するテレビ朝日系ドラマ『遺産争族』(毎週木曜 後9:00)の第2話(29日放送)で、プライベートで楽しむこともあるという乗馬の腕前を披露する。劇中で榮倉が演じる河村楓は、乗馬クラブのインストラクターという設定。経験者らしく、一人でさっそうと馬に乗って走る“駈歩(かけあし)”を披露し、周囲から称賛を浴びていたが、「乗馬って全身運動なので、筋肉痛がひどくて…」と恥ずかしげに笑っていた。

 ロケ日は晴天に恵まれ、乗馬服に身を包み騎乗する榮倉の姿は、まさに乗馬インストラクターそのもの。「乗馬は好きなんですけど、なかなか上手になれなくて。うまくなりたいんですけどね…。難しいですけど、すごく楽しいです!」と語る笑顔の裏で「特に内腿、股関節、腕の筋肉をよく使うのですが、実は今日も、練習の時の筋肉痛がまだ治ってないんです」と明かした。

 そんな筋肉痛さえも「普段使わない筋肉が動いている感覚は気持ち良いんですけどね…」とアクティブに、ポジティブに、「楓ちゃんの職業柄、この先も何回かは乗馬シーンが出てくるかもしれないので楽しみです」と語っていた。

 同ドラマは、葬儀業界有数の企業を一代で築き上げた創業者の孫娘と結婚し、婿入りした若き研修医が、創業者一族の遺産相続争いに巻き込まれていく姿をシニカルに、そしてコミカルに描いていく。主人公の研修医・育生役を俳優の向井理が演じる。

 楓はバツイチで育生と結婚。二人のウエディング写真の美しさが話題になったが、「“育生と一緒に乗馬”なんてシーンもあったらすてきですけど…。ここの乗馬クラブ、楓の元ダンナさんもいるところだからなぁ…(笑)。それは難しいかもしれないですね!」と話していた。



関連写真

  • 颯爽と馬を駆る榮倉奈々(C)テレビ朝日
  • 乗馬経験者らしいさすがの腕前を見せた(C)テレビ朝日