• ホーム
  • 芸能
  • 第15シーズン突入『科捜研の女』初回13.5% 根強い人気ぶり

第15シーズン突入『科捜研の女』初回13.5% 根強い人気ぶり

 女優の沢口靖子が主演する『科捜研の女』第15シーズンの初回2時間スペシャルが15日放送され、番組平均視聴率が13.5%だったことが16日、わかった(通常は毎週木曜 後8:00)。1999年から数えて17年目に突入し、前シーズン(昨年10月期)の初回は14.4%。根強い人気ぶりを証明した。今シーズンは2クール編成で放送される。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

『科捜研の女』15シーズン突入 沢口靖子「皆様のお蔭と大変感謝」 (15年08月24日)


 京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を駆使して事件の真相解明に挑む姿を描く。

 メインキャストはそのままに、今シーズンはマリコと度々衝突する女性刑事、“ソタイの女”こと、落合佐妃子(池上季実子)が登場。初回から“銃器薬物のクイーン”の異名を誇るやり手ぶりを発揮した。彼女は事件解決のためならどんな犠牲を払ってもかまわないという歪んだ正義感を持っており、マリコたちが科学を駆使して手に入れた“鑑定結果=真実”を時にはあえて隠したり、時には改ざんしたりして巧みに利用。マリコは科学者として歪んだ情報が真実の代わりとなってしまうことを許すことができず、あくまでも科学の力で佐妃子のいびつなやり方と対峙していく。

 新キャラクターはもう一人、土門薫刑事(内藤剛志)らの捜査一課に配属された若手刑事・蒲原勇樹で、彼は佐妃子の元部下で、彼女の信奉者。まるでスパイのように佐妃子の指示で動く。演じるのは、ミュージカル『レ・ミゼラブル』をはじめ、舞台を中心に活躍してきた石井一彰が初のテレビドラマに挑んでいる。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』初回13.5%の好発進。榊マリコ(右/沢口靖子)の最強の敵となる女性刑事、“ソタイの女”こと、落合佐妃子(左/池上季実子)が現れた(C)テレビ朝日
  • 土門刑事(内藤剛志)とマリコのタッグは健在(C)テレビ朝日

オリコントピックス