アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 蒼樹うめ、即興でゆの&キュゥべえ描く「余計なせりふを足していい?」

蒼樹うめ、即興でゆの&キュゥべえ描く「余計なせりふを足していい?」

 アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクター原案や『ひだまりスケッチ』の作者で知られる、漫画家でイラストレーターの蒼樹うめ氏が2日、あすから東京・上野の森美術館で開催される自身初の個展『蒼樹うめ展』の内覧会に来場。マスコミに向けてライブドローイングを行い、『ひだまり』の主人公・ゆのと『まどマギ』のキュゥべえを描いた。

【写真】その他の写真を見る


 まず、白い紙に色鉛筆で下書きをし、その後太さの違うペンでキャラを描いた蒼樹氏。イラストは、普段「頭の大きさをとって、そこから輪郭、髪の毛、目」という順番で描くといい、この日は急ぎ足だったが約20分でイラストを完成させた。

 アニメ化もされた『ひだまりスケッチ』。主人公・ゆのは、「落ちこぼれだった予備校時代の自分の分身」という。ゆのを描く時は「表情に気をつけて、髪の毛も特徴的なので、はねすぎず、おとなしくなりすぎないように」注意を払うと明かした。

 キュゥべえも描いたが、「ゆのの肩にキュゥべえが乗って、さわやかな感じを目指していたけど、キュゥべえの腕が明らかに変な感じになってしまった」と苦笑し、「余計なせりふを足していいですか?」と提案。“今夜呑みに行かんかね?”と書き足し、貴重な1枚を完成させた。

 蒼樹氏にとって初の個展となる同展では、「ひだまり」と「まどマギ」のイラストや設定画、過去の創作物など約300点を公開。蒼樹氏の仕事場や、ゆのの部屋を再現したコーナーも設けられ、蒼樹氏は「大変うれしい気持ちです」と喜んだ。同展はあす3日から12日までの10日間限定で開催される。



関連写真

  • ライブドローイングを行った蒼樹うめ氏   (C)ORICON NewS inc.
  • ライブドローイングで描いた「ひだまり」ゆの&「まどマギ」のキュゥべえ (C)蒼樹うめ/芳文社(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion (C)ORICON NewS inc.
  • ライブドローイングを行った蒼樹うめ氏  (C)ORICON NewS inc.
  • ライブドローイングを行った蒼樹うめ氏  (C)ORICON NewS inc.
  • ライブドローイングで描いた「ひだまり」ゆの (C)蒼樹うめ/芳文社(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion (C)ORICON NewS inc.
  • ライブドローイングを行った蒼樹うめ氏  (C)ORICON NewS inc.
  • ライブドローイングを行った蒼樹うめ氏  (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス