アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『ピラメキーノ』6年半の歴史に幕 はんにゃ金田、最終回で「伝説つくりたい」

『ピラメキーノ』6年半の歴史に幕 はんにゃ金田、最終回で「伝説つくりたい」

 2009年4月にスタートした本格子供向け番組『ピラメキーノ』が30日、最終回を迎える。6年半にわたる同番組の歴史を振り返り、スタートからレギュラー出演しているお笑いコンビはんにゃフルーツポンチが心境を語った。

【写真】その他の写真を見る


 2009年4月、18時30分から19時まで、月〜金の番組として始まった『ピラメキーノ』。2010年4月から1年間は、金曜19時に『ピラメキーノG』として、ゴールデン帯にも進出した。

 はんにゃの金田扮する“さとプー”を中心とする番組発のユニット・オンナラブリーは、オリコン週間シングルランキングで2位を記録した「Onaraはずかしくないよ」のヒット曲を引っさげ、他局の音楽番組にも出演。

 DVDに同時収録された「ピラメキたいそう」は全国の子どもたちが踊るというブームを作ったほか、番組のマスコットキャラクター・ピラメキパンダは子どもたちから人気を集め、それにあやかって生まれた「7チャンパンダ」は、2010年にはテレビ東京の局キャラに就任するなど活躍した。

 「子役恋物語」「漢字おバカ殺人事件」「3ONストライカー」など、さまざまな人気コーナーも誕生し、2013年4月からは『ピラメキーノ640』として朝帯の5分ベルト番組へ新しく生まれ変わっていた。

 最終回を前に、はんにゃの金田哲は、「生活の一部になっているので、まだ実感はないですね。毎週月曜日といったら『ピラメキーノ』だったので、それがなくなると思うと『月曜日どうしよう…』という感じで淋しいですね」としみじみ。最終回の見どころは、今まで誰も完璧に踊れたことがなかったという「ピラメキたいそう」だといい、「最後バシッと決めて、そろったのが最終回という伝説を作りたいです」と意気込んでいる。

 川島章良は「僕の野望は、ピラメキーノを見ていた世代の子が、大人になった時に僕たちを使ってくれる、という(笑)。テレ東に入社する子もいて、ピラメキーノを復活させるとか(笑)」とにやり。

 フルーツポンチの亘健太郎、は寂しい心境を明かして「本当に死活問題です(笑)」と終了を名残惜しみ、村上健志は「最近、最終回を銘打たない番組が多いなか、がっつり最終回に振っていくんで。こんな物語性のある最終回ってもう無いと思うので、ぜひお見逃しなく!」と呼びかけている。

 同番組プロデューサー・太田勇氏は「6年半で夕方に1000回、朝に500回放送し、200以上のコーナーを生み出してきました」と懐かしみ、スタッフや出演者、番組ファンに感謝。「番組が始まった時、31歳だった僕も38歳になりました。まさに30代の青春を捧げた番組だと思います。最後の2週間もピラメキーノらしくいきますので、どうか最後の最後までご覧頂ければと思います」とコメントを寄せている。

関連写真

  • 子どもたちの間でブームになった「ピラメキたいそう」。最終回は全員そろう伝説を達成できるか!? (C)テレビ東京
  • 最終収録されたコーナーのひとつ「番組終了緊急記者会見」には、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が登場 (C)テレビ東京
  • 『ピラメキーノ640』コーナーの場面写真 (C)テレビ東京
  • 『ピラメキーノ640』コーナーの場面写真 (C)テレビ東京
  • 『ピラメキーノ640』コーナーの場面写真 (C)テレビ東京
  • 『ピラメキーノ640』コーナーの場面写真 (C)テレビ東京

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019