アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • V6『学校へ行こう!』7年ぶり復活 イノッチ「新たな出会いにワクワク」

V6『学校へ行こう!』7年ぶり復活 イノッチ「新たな出会いにワクワク」

 人気グループ・V6が出演し、1997年から11年にわたって放送されたTBS系バラエティー番組『学校へ行こう!』が、7年ぶりに特番として今秋に復活することが明らかになった。タイトルは『学校へ行こう!2015』で、V6をはじめとした歴代メンバーも集合する。

 同番組は、「学校を楽しくしよう!」を合言葉に、生徒たちの悩みや疑問を調査・解決するため、V6メンバーが直接学校などロケに出向き、さまざまな企画を放送してきた。「未成年の主張」や「B-RAP HIGH SCOOL」など人気コーナーを生み出し、個性的なキャラクターも数多く誕生。終了後も再開のリクエストの声が多数寄せられてきたが、V6のデビュー20周年を迎えたタイミングで復活が実現した。

 今回の見どころは、伝説の企画が復活した「未成年の主張2015!!」。現在の生徒たちの熱き思いの叫びとともに、V6の水入らずトーク、さらに過去の名作アーカイブも一挙に放出される。なお、V6に学校に来てほしいというリクエストも、ホームページを通して募集される予定となっている。

 「僕らもスタッフもまたこの番組をやりたいと思っていた」という井ノ原快彦は、「7年も経つと、当時見ていた子どもたちが先生になっているかもしれないし、多分先生たちも年下の人がいっぱいいると思います。その中で、新たな出会いがあると思うとワクワクしますし、チームワークで新たな番組を作っていきたい」と意気込む。岡田准一も「V6というグループを作ってくれた番組だと思っていますので、昔を思い出しながら6人で仲良くロケに出られたらうれしいです」と復活を喜んでいる。

 同番組には、V6のほかにも「校長先生」のみのもんたや、渡辺満里奈、紗栄子、夏帆らかつてのレギュラーも集合。3時間特番としてこの秋に放送予定。



オリコントピックス