アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 波瑠主演、次の朝ドラ『あさが来た』は「びっくりぽん」なことがいっぱい

波瑠主演、次の朝ドラ『あさが来た』は「びっくりぽん」なことがいっぱい

 主題歌を人気アイドルグループ・AKB48が歌うことになり、往年の朝ドラファンをびっくりさせた次のNHK連続テレビ小説『あさが来た』(月〜土 前8:00 総合ほか)。9月1日、東京・渋谷の同局で第1週(第1〜6回)の試写会が行われ、ヒロイン・今井あさ役で主演する波瑠と、幼少期のあさを演じた子役の鈴木梨央、あさの許嫁・白岡進次郎役の玉木宏が会見を行った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は“朝ドラ”初の江戸時代、幕末から語り起こす物語。時代に先駆け、銀行、生保を設立し、後には日本最初の女子大学設立に尽力した実在の人物・広岡浅子をモデルに、「お金儲け」のためではなく「今より少しでも皆が幸せな世の中の実現」のため、生き抜いたヒロインの半生を描く。

 第1週は、幕末の京都に生まれたあさの幼少期を描くため、波瑠の出演シーンは第1回の冒頭と第6回のラストシーンのみ。好奇心旺盛でおてんばなヒロインを鈴木が抜群の演技力で演じている。印象的だったのは、初めて見たり、聞いたりしたときに思わず口をついて出る「びっくりぽん」という言葉。脚本を担当する大森美香氏が考えた、史実にはないフレーズだが、第1週から要所々々で使われる。

 5月15日に京都ロケでクランクインし、4ヶ月近くが経ち、波瑠は「何に向かって頑張っているのか…(笑)。果てしない撮影をしているような気持ちになることがたびたびあるのですが、(完成試写という)節目を迎えられてうれしいです」と目を輝かせた。

 「撮影が毎日撮らなきゃいけない量が、私がいままでに経験にない量で。また、あさはよくしゃべるので、せりふの量と一日の撮り分を考えたら、かなりびっくりぽんではあります」と、朝ドラヒロインの“洗礼”も。さらに、「玉木さんがすごくいたずら好きなので、撮影の合間もいつも驚かされることばっかりです」と、大変さの中にも現場の雰囲気の良さを伺わせた。

 玉木はリアルなゴキブリのおもちゃで波瑠を驚かせるなど、子どもじみたいたずらをしているそうで、「波瑠さんは虫が嫌いという情報を入手しまして…」とニコニコしながら話していた。

 制作統括の佐野元彦エグゼクティブプロデューサーは、にわかに京都弁を使いこなした鈴木のポテンシャルと、波瑠の成長ぶりに「びっくりぽん、している」と目を細めた。「あさは、あしたは絶対やって来ると信じている腹が座った女性。そんなあさに波瑠さん自身がなっていきている。オーディションの頃から腹が座っているなと感じるところはあったが、スタジオで撮影が始まったら、あさにしか見えなくなった」と今後に期待を寄せていた。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインを務める波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)玉木宏、波瑠、鈴木梨央 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した玉木宏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した鈴木梨央 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した(左から)波瑠、鈴木梨央 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した(左から)波瑠、鈴木梨央 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した(左から)玉木宏、波瑠、鈴木梨央 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した(左から)玉木宏、波瑠 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』第1週試写会に出席した(左から)玉木宏、波瑠 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス