アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【花燃ゆ】第30回は“ようかん”大作戦 武井壮がゲスト出演

【花燃ゆ】第30回は“ようかん”大作戦 武井壮がゲスト出演

 女優の井上真央が主演するNHK・大河ドラマ『花燃ゆ』(毎週日曜 後8:00)。7月12日放送の第28回から主人公・文(ふみ)は、名を「美和」と改め、長州藩主・毛利家の大奥勤めを始める「大奥編」がスタート。禁門の変で窮地に陥った長州が、ゆくゆくは明治維新の立役者となっていく激動の中で、美和が毛利家の跡継ぎとなる毛利元徳(三浦貴大)の子・元昭の守り役にのし上がっていく姿を描く。

【写真】その他の写真を見る


 第29回(19日放送)で、奥勤めの第一歩を踏み出した美和は、山口から萩へのお城替えに伴う女中たちのリストラ(人員削減、暇乞い)の旗振りを任される。もちろん総スカンをくらうが、使われていない道具類を払い下げ、売った金子は城を去る者たちへの手当とすることを提案する。「真心を尽くし、誠を貫けば必ずや人の心は動く」と語る文に、都美姫(藩主・毛利敬親の正室/松坂慶子)や銀姫(跡継ぎ・元徳の正室/田中麗奈)も協力するのだが…。

 女中に暇乞いをさせた目的は、なかなか世継ぎのできない銀姫の代わりとなる側室を城に招き入れるためで、もちろん銀姫は憤慨。側室となる若く美しい女性たちを、アイドルグループ・乃木坂46のフロントメンバー10人が演じたことでも話題になった。

 きょう26日放送の第30回では、幕府への恭順を示すため、藩の実権を握った重臣・椋梨による藩内の改革派の粛清が始まる。桂小五郎(東山紀之)と高杉晋作(高良健吾)を捕らえようと行方を追う中で、美和の義理の兄である小田村伊之助(大沢たかお)も投獄される。高杉にも危険が迫っていることを知った美和は、なんとか高杉に伝えたいと思うが、身辺を見張られ、思うようにいかない。そこである策を考える。

 美和は世継ぎ誕生が望まれる毛利元徳と銀姫の仲を取り持とうと、銀姫にようかん作りを指南することを申し出る。菓子をきっかけに二人の距離を縮める手伝いをしようと考えたのだった。一方、美和は同じようかんを実家の杉家に届ける許しをもらう。美和はようかんを入れた包みに高杉への手紙をしのばせようとするが、包みが杉家に届いたとき、突然、藩の役人が乗り込んできて…。

 藩の役人「捕り方頭」を演じるのは、アスリートタレントのタレント・武井壮。大河ドラマ初出演に「いままで一番厚着しています。着衣の重み、小道具の数、せりふの量も過去最高」と大喜びだった。「1度しかない人生、何か残したいと思って30代後半になって芸能の世界に飛び込み、タンクトップ1枚で大河ドラマまで来たぞ、と。小さな爪痕を残せたぞ、と。すべての経験がいつか何か大きなものにつながればいいな」と、モチベーションも高く、気合十分で臨んだシーンにも注目だ。



関連写真

  • 大河ドラマ『花燃ゆ』7月26日放送の第30回にゲスト出演する武井壮(C)NHK
  • 高杉晋作の居所を探る役人たち(C)NHK
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』7月26日放送の第30回より。ようかんを作る美和(井上真央・左)と銀姫(田中麗奈・右)
  • 大河ドラマ『花燃ゆ』7月26日放送の第30回より。小田村(大沢たかお)が投獄されたことを知る美和(井上真央)
  • 小田村(大沢たかお)が投獄されたことを知る美和(井上真央)

オリコントピックス